スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 カバーフロー風なインターフェースのオーディオプレイヤー「coverJuke」

今日は、カバーフロー(CoverFlow)風なインターフェースを持つ音楽プレイヤー

を紹介しようと思います。

coverJuke 1

デモをYouTube で見る

「coverJuke」は、カバーフローっぽい感じのオーディオプレイヤーです。
  • 指定したディレクトリ内にある、音楽ファイルの入ったフォルダを、
  • 立体的なCD ケースに見立てて、
  • パラパラとめくるように探すことができる...
という機能を持った音楽プレイヤーです。
CD をめくる際には、iTunes の “ CoverFlow ” っぽい感じのアニメーションを楽しむことができ、 これがこのソフトの最大の特徴になっています※1
※1 アニメーションのパターンは、“ カバーフロー風 ” の他にも3 つ用意されていてる。
フォルダ内に画像ファイルが入っていれば、それをジャケット画像のようにして表示させることも
でき、さらにカバーアートの後ろに任意の壁紙を使うこともできるようになっています。

最初に音楽ファイルの入っているディレクトリをキャッシュ(記憶)させる必要がありますが、
キャッシュの生成&更新 は超高速で行われるので、さほどストレスなく使うことができます。
対応しているフォーマットは、mp3 / wav / ogg / wma / mp2 / raw / aiff / flac / pls など。

派手な見た目の割に中々使いやすいソフトですが、フォルダ名 / ファイル名 ともに、日本語が
文字化けする
ので注意。

追記を表示

スポンサーサイト

Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。