スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 Gmail 上で、受信メールに付いていた “ 開封通知 ” 機能を無効化できるようにするGoogle Chrome 拡張機能「PixelBlock」

今日は、Gmail 上で “ 開封通知※1 ” 機能を無効化できるようにする Google Chrome 拡張機能 を紹介しようと思います。
※1 メールが読まれたことを、送信者に通知する既読追跡機能。



メールに開封通知要求が付いていると、送信者名のところに赤い目のマークが
表示されるようになる。

開封通知要求を検出すると、送信者名のところに赤い目のマークが表示される


赤い目のマークをクリックすると、送信の際に使用されたメールサービスの情報を
確認することができる。
(サービスを判別できない場合もある)

赤い目のマークをクリックすると、送信の際に使用したメールサービスの情報を確認することができる


「PixelBlock」は、メールの “ 開封通知要求 ” をブロックできるようにするGmail 拡張機能です。

一部のメールソフト / メールサービス には、

  • 送信したメールを、相手が開いてくれたか(読んでくれたか)どうか
を追跡する “ 開封通知機能 ” が付いています。

メールを送信する側の人にとっては、大事なメールが読まれたかどうかを確認する手段等として
役に立つものではありますが、受信する側の人にとっては、この開封通知要求がプレッシャーに
なることもあります。
(メールを読んだら、すぐに返さないといけないような気になったり...)

こういった “ 既読追跡機能 ” を、無効化できるようにするのが「PixelBlock」です。
インストールするだけで、受信メールに付いていた既読追跡機能を無効化できるようにしてくれます。

普段、“ このメール、開いたかどうかバレているのかな... ” と思ったりすることがある人におすすめです。


 その他の Google Chrome 拡張機能
 Google Chrome 拡張機能

追記を表示

スポンサーサイト

 方向キーによるページスクロールを、滑らかに行えるようにするGoogle Chrome 拡張機能「Smooth Key Scroll」

今日は、方向キーによるページスクロールを、滑らかに行えるようにする Google Chrome 拡張機能 を紹介しようと思います。



オプション画面
オプション画面


「Smooth Key Scroll」は、方向キーによるスクロールを滑らかにしてくれるChrome 拡張です。
キーボードの ↑ ↓ キーを押した時に、ページスクロールが滑らかに行われるようにする...
という拡張機能で、方向キーによるページスクロールを、スムーズかつきめ細やかに行えるように
してくれます。

一度のキー押しでスクロールする量(ピクセル)は細かく設定することができ、また

  • 「Alt」キーを押しながら ↑ ↓ キーを押した時
  • 「Ctrl」キーを押しながら ↑ ↓ キーを押した時
のスクロール量も別途設定できるようになっています。

普段、方向キーによるページスクロールの量 / 速度 に不満を感じている人におすすめです。


 その他の Google Chrome 拡張機能
 Google Chrome 拡張機能

追記を表示

 ファイルのダウンロード完了時に、ポップアップ通知が表示されるようにしてくれるGoogle Chrome 拡張機能「Download Notifier」

今日は、ファイルのダウンロード完了時に、ポップアップ通知が表示されるようにしてくれる
Google Chrome 拡張機能 を紹介しようと思います。



ポップアップ通知



ツールバーボタンも追加される


「Download Notifier」 は、ダウンロード完了時に通知が表示されるようにする拡張機能です。
Chrome 上でファイルのダウンロードが完了した時に、デスクトップの右下からポップアップ通知が
表示されるようにする... というシンプルなダウンロード完了通知ツールです。

ポップアップ内にはダウンロードしたファイルの名前が表示され、ここから保存先のフォルダを
開くこともできたりします。

また、インストールするとツールバー上に専用のボタン ( ツールバーボタン ) が追加され、ここから直接
「ダウンロード」画面 を開けるようにもなったりします。
※1 ツールバーボタン上には、“ ダウンロード中のファイルの件数 ” が重ねて表示されたりもする。

ちなみに、ダウンロードの際に表示される ダウンロードバー を無効化する機能も付いています※2
※2 インストールすると、ダウンロードバーが自動で無効化される。
(有効化することはできないので注意)


 その他の Google Chrome 拡張機能
 Google Chrome 拡張機能

追記を表示

 Gmail に、タイマー送信機能と定型文挿入機能を追加してくれるChrome 拡張機能 「SndLatr Beta for Gmail」

今日は、Gmail に “ タイマー送信機能 ” と “ 定型文入力支援機能 ” を追加してくれる Chrome 拡張機能 を紹介しようと思います。



送信する日時を指定できるようになる
「Send later」ボタンをクリックし、「Pick date」を選択



メールを送信する日時を設定する


スケジュール設定されたメールは、送信されるまで「下書き」として保存される
作成したメールが、「下書き」として保存される


定型文を一発入力できるようにもなる
登録済みの定型文が、一覧表示される


「SndLatr Beta for Gmail」 は、Gmail をスケジュール送信できるようにする拡張機能です。
メール作成時に、送信する日時を指定できるようにし、作成したメールを好きなタイミングで
自動送信できるようにしてくれます※1
※1 パソコンが起動していなくても、送信は自動で行われる。
設定した送信日時は後から変更することもでき、またスケジュール自体を取り消すことももちろん
可能となっています。

加えて、定型文貼り付け機能も付いているため、よく使う題名&本文(や文言) がある場合、
それらを簡単に入力できるようにもなったりします。

いずれの機能もシンプルで、Gmail の操作感を損なうことなく自然な感じで使うことができると
思います。

何らかの事情により、メールを “ 今ではなく、後で送信したい ” ということが少なからずある人に
おすすめです。


 その他のGoogle Chrome 拡張機能
 Google Chrome 拡張機能

追記を表示

 “ 今見ているサイト内のページを、自分がブックマークしているかどうか ” ということを、ひと目で判別できるようにするChrome 拡張 「Find My Bookmarks」

今日は、“ 今見ているサイト内のページを、自分がブックマークしているかどうか ” ということを、
ひと目で判別できるようにする Google Chrome 拡張機能 を紹介しようと思います。



今見ているサイト内のページをブックマークしていると、アドレスバー上にアイコンが表示される
今見ているサイト内のページをブックマークしていると、アドレスバー上にアイコンが表示される


アイコンをクリックすると、同サイトに関するブックマークが一覧表示される
(ブックマークタイトルの下に表示されているものは、格納フォルダの名前)

アイコンをクリックすると、同サイト内のブックマークが一覧表示される

選択アイテムを、メールやFacebook / Twitter で紹介することもできる
(メールアイコンをクリックした場合、既定のメーラーが立ち上がる)



格納フォルダの名前や、共有ボタンは非表示にすることもできる
格納フォルダの名前や、共有ボタンを非表示にすることもできる

そのまま、ブックマークの削除を行うことも可能
そのままブックマークの削除を行うことも可能


「Find My Bookmarks」 は、“ 今見ているサイト内のページを、ブックマークしているかどうか ” を
瞬時に判別できるようにする拡張機能です。
ブックマークデータの中から “ 今見ているサイトと同じドメインを持つURL ” が検出された時に、
アドレスバーの右端に専用のアイコンが表示されるようにし、ここからその該当するブックマークを
ポップアップ表示させられるようにしてくれます。

ポップアップメニューからは直接ブックマークを開くことができ、またこのポップアップ上で任意の
ブックマークを削除できたりもするので、ある意味ブックマーク整理ツールとしても役立つことが
あるかと思います。

普段、“ 「とりあえずブックマークしているページ」 が多すぎてヤバイ... ” と感じている人におすすめ。


 その他の拡張機能
 Google Chrome 拡張機能

追記を表示

 Gmail のメール作成画面を、以前のスタイルに戻してくれるChrome 拡張& Firefox アドオン 「Old Compose」 「Restore Your Gmail Settings」

今日は、Gmail のメール作成画面を、以前のスタイルに戻してくれる Google Chrome 拡張機能と
Firefox アドオン を紹介しようと思います。
(どちらも同じ製作者)



現在のメール作成画面を...
現在のメール作成画面を...


以前のスタイルに戻す
以前のスタイルに戻す


返信の例
返信画面


「Old Compose」 「Restore Your Gmail Settings」 は、Gmail を以前のスタイルに戻してくれる
エクステンションです。
画面右下にポップアップが表示されるタイプのメール作成画面を、以前のような一画面タイプの
ものに戻し、広い画面でメール編集を行えるようにしてくれます。
(一応、現在でも 「フルスクリーン」 というオプションはありますが...)

Cc / Bcc や件名 も以前のような編集しやすいものに戻してくれてるほか、返信の際に引用文や
署名を省略せずに表示してくれたりもします。

基本的に、メール作成画面を以前のスタイルに戻すだけのエクステンションなので、面倒な作業は
一切なし。
新しいメール作成画面がどうも使いにくい... と感じている人におすすめです。
(ただし、一部で広告ウェアであるとも報告されているようです)


 その他のChrome 拡張
 Google Chrome 拡張機能

 その他のFirefox アドオン
 Firefox アドオン

追記を表示

 ツールバー上から “ 印刷 ” を行えるようにするGoogle Chrome 拡張機能 「Print Extension」

今日は、ツールバー上から “ 印刷 ” を実行できるようにする Google Chrome 拡張機能 を紹介しようと思います。



ツールバー上に、印刷ボタンが追加される
ツールバー上に、印刷ボタンが追加される


印刷ダイアログ
印刷ダイアログ


「Print Extension」 は、ツールバー上から “ 印刷 ” を行えるようにするChrome 拡張機能です。
ツールバー上に追加される専用のボタンをクリックすることで、現在表示しているWeb ページを
即印刷ダイアログに送れるようにしてくれます。
( “ 「Ctrl」 + 「P」 ” 同様、選択範囲のみを印刷、ということはできない模様)

機能は基本的に “ Web ページを、印刷ダイアログに送る ” だけですが、シンプルな分迷わず
直感的に使うことができます。

印刷を行うための第三の手段... として悪く無いと思います。


 その他の拡張機能
 Google Chrome 拡張機能

追記を表示

 Google Chrome のPDF ビューアを、Firefox のものと同じものにする拡張機能 「PDF Viewer」

今日は、Google Chrome のPDF ビューアを、Firefox のPDF ビューアと同じものにする拡張機能 を紹介しようと思います。



JavaScript / HTML5 で動作するPDF ビューア “ PDF.js ” を、デフォルトのPDF ビューアに
HTML5 なPDF ビューア “ PDF.js ” をデフォルトのPDF ビューアに


サイドバーに、各ページのサムネイルを一覧表示
サイドバーに、各ページのサムネイルを一覧表示

表示倍率の調整
表示倍率の調整

選択したテキストをコピー
選択したテキストをコピー

テキスト検索機能
テキスト検索機能


「PDF Viewer」 は、“ PDF.js ” をデフォルトのPDF ビューアにするGoogle Chrome 拡張機能です.
JavaScript とHTML5 を利用して動作するPDF ビューアを、Google Chrome 上でも普通に使える
ようにしてくれます。

“ PDF.js ” は割りとシンプルなビューアですが、一応

  • サイドバー上に、各ページのサムネイルを一覧表示
  • テキスト検索
  • 前 / 次 のページへ移動
  • 指定したページヘジャンプ
  • ページの拡大 / 縮小
  • プレゼンテーションモード (フルスクリーン表示)
  • ローカルのPDF を開く
  • ファイルのダウンロード
  • 印刷 (Chrome 標準機能)
といった機能を備えています。

まだ発展途上の段階にあるソフトではありますが、Google Chrome デフォルトのPDF ビューアや、
Adobe Reader に不満を感じている人は、一度試してみる価値があるかもしれません。


 その他の拡張機能
 Google Chrome 拡張機能
 関連
 Firefox で、PDF.js を無効化する方法

追記を表示

 “ モバイル端末上で、Web ページがどのように表示されるのか ” ということを確認できるようにする Chrome 拡張 「Responsive mobile view」

今日は、Web ページが “ 各種モバイル端末上で、どのように表示されるのか ” ということを
確認できるようにする Google Chrome 拡張機能 を紹介しようと思います。



エミュレートする端末を選択する
エミュレートする端末を選択する

選択した端末での表示が、エミュレートされる
選択した端末での表示が、エミュレートされる

横向き表示にも対応
横向き表示にも対応


「Responsive mobile view」 は、Chrome 上で動作するモバイル端末エミュレーターです。

  1. Chrome ウインドウ内に、各種モバイル端末と同じの解像度の枠を作成し、
  2. Web ページに対して、選択したデバイスと同じ User-Agent を送信する
ことで、アクティブなタブに表示しているページが、“ モバイル端末上で、どのように表示されるのか ”
ということを確認できるようにしてくれます。
エミュレート画面内では普通にブラウジングを行うことができ、また “ 端末を横向きにした時の表示 ”
もエミュレートできるようになっていたりします。

エミュレート先として選択できるデバイスには、次のようなものがあります。
( 2013 / 7 / 21 時点)
  • Xperia X10 Mini pro (Android)
  • iPhone 4 (iOS)
  • iPhone 5 (iOS)
  • Nokia Lumia 920 (Windows Mobile)
  • Samsung Galaxy (Android)
  • Nexus 7 (Android)
  • iPad Mini (iOS)
  • iPad 1-3 (iOS)
  • Laptop / Desktop
モバイル向けのWeb 開発を行っている人にはもちろん、スマートフォンでしか表示できないサイトを
見たい時... などにも便利。


 その他の拡張機能
 Google Chrome 拡張機能

追記を表示

 HTML5 動画の再生速度を変更できるようにする Google Chrome 拡張機能 「Playback Rate」

今日は、HTML5 動画 / 音声 の再生速度を変更できるようにする Google Chrome 拡張機能 を紹介しようと思います。



動画の再生速度を、右クリックメニューから調整できるようになる
動画の再生速度を、右クリックメニューから調整できるようになる


「Playback Rate」 は、HTML5 動画の再生速度を変更できるようにするChrome 拡張機能です。
HTML5 動画の右クリックメニューから、動画の再生速度を

  • 0.5
  • 0.75
  • 1
  • 1.25
  • 1.5
  • 1.75
  • 2
  • 2.5
  • 3
倍に変更できるようにし、動画や音声を少しだけ思い通りに操作できるようにしてくれます。
動画を流し見したい時や、音声の再生速度を変えて遊んでみたい時 などに便利。

HTML5 動画 / 音声 であれば、基本的にサイトを問わずに使うことができるようです※1
(しかし、Vimeo のHTML5 動画上では動作しませんでした)
※1 HTML5 試用版を有効 にしたYouTube 上では、動作しない模様。
別途 YouTube 上で、HTML5 動画を有効にする拡張機能 をインストールしておく必要がある。


 その他の拡張機能
 Google Chrome 拡張機能

追記を表示

Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。