スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 デスクトップが、雨降る水面のように波打つスクリーンセーバー「RippleScreenSaver」

今日は、デスクトップ上に波紋が広がるスクリーンセーバー

を紹介しようと思います。

「RippleScreenSaver」 は、デスクトップ上に波紋が広がるスクリーンセーバーです。
“ ポツポツと小雨が降り落ちる水面 ” のように、デスクトップをゆらりゆらりと波打たせることが
できるソフトです。

アニメーションは穏やかかつゆったりとした感じで、結構落ち着いた雰囲気を楽しめるように
なっています。

水のある風景や、植物系の壁紙、または、和風な壁紙を使用している人におすすめ。

追記を表示

スポンサーサイト

 画面を暗くするだけのスクリーンセーバー 「Tint Screensaver」

今日は、画面を暗くするだけのスクリーンセーバー

を紹介しようと思います。



(マウスカーソルが残っていますが、実際には画面と一緒に暗くなります)

「Tint Screensaver」 は、画面を薄暗くしてくれるスクリーンセーバーです。
現在のデスクトップ状況はそのままに、“ 明るさ ” だけを指定した値に変えてくれます。

画面をどのくらい暗くするのか設定できるのはもちろん、

  • どれだけの時間 (秒数) をかけて、画面を暗くするのか
ということも設定できるようになっています。
(これにより、画面がだんだんと暗くなっていく効果を楽しむことができる)

ちなみに、画面を暗くしても、デスクトップの状態は停止されなかったりします※1
※1 たとえば、現在YouTube で動画を見ていたとすると、その動画が再生されたままの
状態で、画面が暗くなる。


ちょっとしたアクセントとして、もしくは、スクリーンロック的な意味でも使えなくはないと 思います。

尚、上記動画の内容は、

  1. 6 秒かけて、画面を 80% 暗くする
  2. 12 秒かけて、画面を 100% 暗くする
というものになっています。

追記を表示

 パソコンがぶっ壊れたようになるスクリーンセーバー 「Broken Screen Screensaver」

今日は、パソコン (というかディスプレイ) がブッ壊れたようになるスクリーンセーバー

を紹介しようと思います。


(カクカクしていますが、実際にはスムーズです)

「Broken Screen Screensaver」 は、パソコンが壊れたようになるスクリーンセーバーです。
実行すると、ディスプレイに映し出されている内容がひどく揺れ出したり、画面がノイズだらけに
なったりするという一種のビックリ系ツールです。
壊れ方は結構本格的で、知らない人が見たらちょっと慌ててしまうくらい質は高いです。
ジョークとして使えるのはもちろんのこと、メチャクチャになった画面というものは意外と芸術的で
あったりもするので、普段から使用していたいという人も少なからずいるかと思います。
動作のパターンは数十種類?あり、割りと長く楽しめます。

追記を表示

 ハイクオリティな Dreamscene 用ムービー6 本

今日は、ハイクオリティなDreamscene 用ムービーをいくつか紹介しようと思います。
deviantART の人気順ページから、適当に選んだだけです)


Vista / Ultimate、Windows 7 等、Dreamscene を利用できる環境が必要ですが、
おそらく XP でもDreamscene を可能にする方法はあると思います
また、動画を壁紙として設定するソフトも普通にあると思うので、そういったソフトで使うのも
よいでしょう。
  Windows 7 DreamScene Activator
Windows 7 で、 “ DreamScene (動く壁紙) ” 機能を使えるようにするソフト

追記を表示

 スタイリッシュなインターフェースのアナデジ時計スクリーンセーバー「Rotary Clock」

今日は、スタイリッシュなインターフェースのアナデジ時計スクリーンセーバー

を紹介しようと思います。
(ダウンロード先のページで、実際のアニメーションを確認できます)

Rotary Clock サムネイル

「Rotary Clock」 は、車輪風?なインターフェースのデジアナ時計スクリーンセーバーです。
外周から内周に向かって 秒 / 分 / 時間 を表す三つの円が描かれていて、その中に現在の
時刻が表示されるというデジアナ時計で、なんとなく近未来的にも感じるインターフェースが
大きな特徴。
見た目は結構シンプルですが、何気にクールだと思います。
サイズは、「regular」 「large」 の二種類が用意されています。
(個人的には、「large」 がおすすめ)

追記を表示

 スクリーンセーバー “ バブル ” のオプションを変更 「System Screensavers Tweaker」

今日は、Windows Vista / 7 に付属しているスクリーンセーバー “ バブル ” の動作オプションを
カスタマイズできるようにするソフト

を紹介しようと思います。
(ダウンロードページでは、「Загрузить」 欄にある矢印をクリック)

バブル

Windows Vista / 7 に最初から付いてくる バブル / リボン / ラインアート / オーロラ といった
スクリーンセーバーは、基本的にその動作内容を変更できないようになっています※1
※1 Windows 7 には、オーロラが付属していません。
動作オプションを変更するには、レジストリの編集が必要になるため、中々手を出せなかったり
面倒だったりします。
そこで役に立つのが、この 「System Screensavers Tweaker」 です。
バブル / リボン / ラインアート / オーロラ といったスクリーンセーバーの動作オプションを、
分かりやすいGUI 上で設定できるようにしてくれます※2
※2 私の環境では、Vista / 7 ともに “ バブル ” の設定内容しか反映されなかったので、
このエントリのタイトルを “ バブル ” のみに限定しています。
WinBubble」 というソフトでは、リボンやラインアートのオプションも変更できるようになっています。

設定は、スライダーやチェックボックスを使って簡単に行うことができ、またいつでもデフォルトの
設定に戻せるようになっています。

追記を表示

 システム情報を描画し続けるスクリーンセーバー「PC SysInfo Screensaver」

今日は、パソコンのハードウェア情報を描画し続けるスクリーンセーバー

を紹介しようと思います。

PC SysInfo Screensaver

「PC SysInfo Screensaver」は、システム情報を描画し続けるスクリーンセーバーです。
実行すると、コンピュータ名 / ユーザー名 / OS / プライベートIP アドレス / ディスプレイ / CPU /
メモリ / ハードディスク / ビデオカード / マザーボード... 等々の情報を、ひたすら描画していってくれます※1
※1 一部の情報を表示するには、 「CPU-Z」 が必要になる。
(ビデオカード / マザーボード、CPU の詳細情報あたり...?)
ただし、OS がVista / 7 の場合、「CPU-Z」を利用すると、スクリーンセーバー実行時に毎回
UAC プロントが表示される...

実行画面はかなり簡素なものになっていますが、一応配色テーマを6 種類の中から選択できるようになっています。

尚、各種情報はスクロールすることなく描画されていくため、画面の解像度が低いと一部の情報
しか確認できないので注意。
(解像度1280 x 1024 では、おそらく3/4くらいの情報しか表示されませんでした)

追記を表示

 コマンドプロントを開いた時に、背景をブラックアウトさせる「ConsoleBlackFill」

今日は、コマンドプロントを開いた時に、背景をブラックアウトさせるソフト を紹介しようと思います。
(画面中段にある「ConsoleBlackFill.zip」)

通常時。
ここからコマンドプロントを開くと...
ConsoleBlackFill 2



ConsoleBlackFill

「ConsoleBlackFill」は、一種のコマンドライン入力支援ソフトです。
コマンドプロント(「cmd.exe」)を開いた時に、コマンドプロント / タスクバー を除く全ての領域を
真っ黒にブラックアウトしてくれます。
これにより、普段より集中してコマンドの入力を行えるようになるかも?しれません。

メモリに常駐するタイプのソフトですが、ウインドウなどは特に表示されず、またタスクトレイに
アイコンが表示されたりすることもありません。

追記を表示

 レゴブロックのようなブロックが、上から降ってくるスクリーンセーバー「topBlock」

今日は、レゴブロックのようなブロックが降ってくるスクリーンセーバー

を紹介しようと思います。


「TopBlock」は、空からブロックが舞い降りてくるスクリーンセーバーです。
空からレゴブロック風のブロックが降ってきて、それらがひたすら積み重なっていくという内容の
シンプルなスクリーンセーバーです。
ブロックはワイヤー状のものにすることもでき、また球状のものにすることもできるようになって
います。
さらに、カメラ視点を変更する機能や、土台としてカーペットを敷く機能、ブロックの生成率や
落下速度を調整する機能 なども付いています。

追記を表示

 指定したソースコードをタイピングし続けるスクリーンセーバー「WorkImitate」

今日は、指定したソースコードをタイプし続けるスクリーンセーバー

を紹介しようと思います。


「WorkImitate screensaver」は、指定したソースコードを打ち続けるスクリーンセーバーです。
実行すると、Visual studio っぽいウインドウ上で、指定したフォルダ内にあるソースコードを
ひたすらタイピングしていってくれます※1
※1 インターフェースは、Visual Studio 2008 / Visual C++ / CodeWarrior / Carbide.c++ の
中から選ぶことができる。
読み込めるファイルは、c / cpp / h / hpp 等。

「Work(仕事の)」「Imitate(まね)」という名前のとおり、パッと見では実際に仕事をしている
ようにも見えなくはないので、職場で使うと面白いかも?しれません。

追記を表示

Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。