スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 複数の動画ファイルを、一括してリサイズしてくれるソフト 「Batch Video Resizer」

今日は、ドラッグ&ドロップで放り込んだ動画ファイルを、一括してリサイズしてくれるソフト を紹介しようと思います。



インターフェースは超シンプルで、操作も簡単
複数の動画を一括してリサイズすることができる


「Batch Video Resizer」 は、複数の動画を一括してリサイズしてくれるソフトです。
ドラッグ&ドロップで放り込んだ動画ファイルを、指定した 横 x 縦 サイズにリサイズしてくれる...
というリサイズ専門の動画編集ソフトで、非常にシンプルかつ手軽に使えるところが最大の特徴。

インターフェースは一画面型となっていて、基本的にリサイズ後のフレームサイズを指定するだけで
使えるようになっています※1
※1 一応、アスペクト比(縦横比)の維持ON / OFF 機能も付いている。

ちなみに、処理された動画は、元のフォーマットと同じ形式で出力されるようになっています※2
(エンコードが行われるので、ロスレスではない)
※2 ただし、コーデックはファイルの拡張子ごとに自動で決定される模様。
AVI / MP4 / WMV ならMPEG-4 Visual、MKV ならH.264、FLV ならSorenson Spark、WebM なら
VP8、RM ならRealVideo 2... といった具合。

フレームレートも元の動画と同じになるようですが、ビットレートは自動で決定されるようです。
(元の動画と同程度になることも多い)

動画をリサイズしたいけれど、コーデックとかビットレートとかの設定がいまいち分からない...
という人におすすめです。


 その他の動画関連ソフト
 動画変換ソフト
 動画編集ソフト

追記を表示

スポンサーサイト

 「Windows (Live) ムービー メーカー」 用の動画出力プロファイルを、自作する

今日は、

で使える “ 動画出力プロファイル ” の作成方法を紹介します。

Windows Media プロファイル エディタ

「Windows ムービー メーカー」 では、動画保存時にいくつかのプロファイルを選択できるように
なっています。
しかし、人によっては

  • 選択肢が少なすぎる
と感じることもあるかと思います。

そんな時は、「Windows Media プロファイル エディタ」 というソフトを使い※1、自分専用の
プロファイルを作成&追加 してしまうとよいでしょう。
※1 「プロファイル エディタ」 は、 「Windows Media エンコーダ」 に同梱されている。
( 「WMProEdt.exe」 )


プロファイルの内容はそこそこ細かく設定することができ、たとえば以下のようなオプションを
指定できるようになっています。
  • エンコード方式 ( CBR / VBR )
  • コーデック
  • 解像度 (フレームの幅 × 高さ)
  • フレームレート
  • キーフレームの間隔
  • ビットレート (あるいは品質レベル)
もちろん、プロファイルは複数作成することができます。

追記を表示

 mp4 / m4v / mov 動画から、音声を無劣化で抽出することができるソフト「MP4Muxer」

今日は、mp4 / m4v / mov 動画から、音声を無劣化で抽出することができるソフト

を紹介しようと思います。

「MP4Muxer」は、MP4 動画から映像と音声を抽出することができるソフトです※1
※1 実際には、映像と音声を多重化してMP4 を作成したり、MP4 動画から映像 / 音声を
抽出したりするためのソフト。

抽出の際には再圧縮が行われないため、高速に、かつ、品質を劣化させずに処理することが
できます。
設定という設定も特にないので、誰でも簡単に使うことができると思います。

MP4Muxer

追記を表示

Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。