スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 円柱風なインターフェースの3D テトリス 「Torus」

今日は、円柱風なインターフェースの3D テトリス

を紹介しようと思います。

「Torus」 は、3D 風なインターフェースの環状テトリスです。
(要 HTML5 対応ブラウザ ※1
※1 Firefox」 「Google Chrome」 等。
立体的な円柱の縁に、様々な形のブロックを積み上げていく落ちゲーで、円柱をグルグルと
回しながらプレイできるところが大きな特徴。
積み上げていくところが単調な平面ではないため、本家とは違った楽しみ方をすることができると
思います。
(実際の操作方法は、本家とほとんど同じで簡単)

ちなみに、プレイモードは

  • Traditional - ノーマルモード
  • Time Attack - 3 分間のタイムアタック
  • Garbage - ブロックが、最初からある程度積み上げられているモード※2
の三つが用意されています。
※2 一番下にある三段を、できるだけ速く消す。

追記を表示

スポンサーサイト

 「Windows (Live) ムービー メーカー」 用の動画出力プロファイルを、自作する

今日は、

で使える “ 動画出力プロファイル ” の作成方法を紹介します。

Windows Media プロファイル エディタ

「Windows ムービー メーカー」 では、動画保存時にいくつかのプロファイルを選択できるように
なっています。
しかし、人によっては

  • 選択肢が少なすぎる
と感じることもあるかと思います。

そんな時は、「Windows Media プロファイル エディタ」 というソフトを使い※1、自分専用の
プロファイルを作成&追加 してしまうとよいでしょう。
※1 「プロファイル エディタ」 は、 「Windows Media エンコーダ」 に同梱されている。
( 「WMProEdt.exe」 )


プロファイルの内容はそこそこ細かく設定することができ、たとえば以下のようなオプションを
指定できるようになっています。
  • エンコード方式 ( CBR / VBR )
  • コーデック
  • 解像度 (フレームの幅 × 高さ)
  • フレームレート
  • キーフレームの間隔
  • ビットレート (あるいは品質レベル)
もちろん、プロファイルは複数作成することができます。

追記を表示

 GIMP の機能を拡張してくれるツールセット 「GPS (gimp paint studio) 」

今日は、 GIMP の機能を拡張してくれるツールセット

を紹介しようと思います。

gimp-paint-studio

「GPS (gimp paint studio) 」 は、GIMP の機能を拡張してくれるツールセットです。
GIMP で使うことのできる

  • ブラシ
  • 動的特性
  • グラデーション
  • パターン
  • パレット
  • 各ツールのプリセット
を追加し、GIMP をより高機能化してくれる... というGIMP 拡張ツールです。
(ツールというか、ファイルセット)

拡張するオブジェクトは個別に指定することができ、また導入してもGIMP の操作方法自体は
変わりません。
(インターフェースも変わりません)
普段GIMP を使っている人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

追記を表示

Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。