スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 YouTube の動画を、タグで管理できるようにするGoogle Chrome 拡張機能 「Tiger」

今日は、YouTube の動画を、タグで管理できるようにする Google Chrome 拡張機能 を紹介しようと思います。

動画ページ上から、動画にタグを付けられるようになる
Tiger

タグ付けされた動画の管理
サムネイル形式で管理することができる


「Tiger」 は、YouTube 動画をタグで管理できるようにするGoogle Chrome 拡張機能です。
(Firefox / Opera 向けのアドオンもあるようです)
動画ページ上から動画にタグを付けられるようにすることで、動画をタグごとに分類して表示&
管理 できるようにする... というブックマーク風な機能の拡張機能です。
タグ付けされた動画は サムネイル形式 で管理することができ、これらの動画は

  • タイトル
  • 投稿日時
  • 再生時間
  • 投稿ユーザー
  • 画質
  • タグ付け日時
といった情報ごとに並べ替えられるようになっています。
(タグ付けされた動画を、検索する機能もある)
動画に付けたタグはいつでも気軽に変更することができ、また一つの動画には複数のタグを
付けることもできたりします。

普段、YouTube で動画を見ることが多い人におすすめ。

使い方は以下のとおりです。

    インストール
  1. ダウンロードページ を開き、Chrome アイコンをクリックします。
  2. Chrome ウインドウの左下に 「処理を続けてもよろしいですか?」 という警告が
    表示されるので、「続行」 ボタンをクリック。

    「処理を続けてもよろしいですか?」 という警告


  3. 続いて 「Tiger を追加しますか?」 というウインドウが表示されます。
    「Tiger を追加しますか?」 というウインドウ

    ここで 「追加」 ボタンをクリックすればインストール完了です。

    動画へのタグ付け
  1. YouTube で動画ページを開くと、動画タイトルの下部に 「New tag: 」 というフォーム が
    追加されています。

    「New tag: 」 というフォーム

    ここに適当なタグ名を入力して 「Enter」 キーを押せば、タグ付けは完了です。
    ( 「Add」 ボタンを押しても同じだが、「Add」 ボタンは消えてしまうことがある...)
  2. 一つでもタグの作成を行うと、動画タイトルの下部にタグが並んで表示されるように
    なります※1
    ※1 表示中の動画が属しているタグは、赤く表示される。
    表示中の動画が属しているタグをクリックすることで、タグの解除を行うこともできる。


    タグが並んで表示される

    動画を既存のタグに登録する場合は、並べられたタグのうち目的とするものをクリックします


  3. タグ名の編集
  4. 動画タイトル下部に並べられたタグ のうち、リネームしたいものを右クリックします。
  5. タグ名編集ウインドウが表示されるので、変更先の名前を入力して 「OK」 ボタンを
    クリックします。

    タグ名編集ウインドウ

    尚、既に存在するタグ名を入力してから 「OK」 ボタンを押すことで、動画情報の統合を
    行うことも可能となっています。


  6. タグの削除
  7. 動画タイトル下部に並べられたタグ のうち、削除したいものを右クリックします。
  8. タグ名編集ウインドウ が表示されます。
    ここで、タグ名を消して 「OK」 ボタンを押します。
  9. 確認ダイアログが表示されます。
    ここで 「OK」 ボタンを押せば、タグの削除が完了します。
    ちなみに、タグの削除を行うと、該当のタグに関連付けられていた動画も消えてしまうので
    注意。


  10. タグ付けされた動画の管理
  11. 画面左下にある Tiger というタブをクリックします※2
    ※2 再生リスト内の動画を再生している時は、このタブが表示されない模様。
    (おそらく、タブが再生リストに隠れてしまっている...)
  12. 作成済みのタグが一覧表示されます※3
    ※3 このウインドウは、動画プレイヤーと被ってしまうので注意。
    (プレイヤーと被らないように、ページを少し下にスクロールさせるとよい)


    作成済みのタグ一覧

    この中から、開きたい動画が登録されているタグを選択します。
  13. すると、該当のタグに登録されている動画が、サムネイル付きでリスト表示されます。

    サムネイル付きでリスト表示される

    動画は、

    • Title - タイトル
    • Date - 投稿日時
    • Run time - 再生時間
    • User - 投稿ユーザー名
    • HQ - 画質
    • Added - タグ付けした日時

    といった情報 (カラム) ごとに並べ替えることも可能となっています。
    ここで任意の動画タイトルを選択すると、該当の動画ページを開くことができます。
    (ユーザー名をクリックすると、該当ユーザーのチャンネルページが開く)
    また、右端の 「Ops」 欄にある Ops ボタンをクリックすることで、該当の動画を削除することも
    できたりします。
    データのエクスポート (バックアップ)
  1. 作成したタグ&タグ付けされた動画 の情報は、テキストにエクスポートすることもできます。
    情報のエクスポートを行いたい場合は、画面左下にある Tiger というタブをクリックします。
  2. タグの一覧が表示されたら、上部の 「Export」 ボタンをクリック。
  3. 現在設定済みのタグがリスト表示されます。

    現在設定済みのタグ

    この中から、バックアップしたいタグ情報を選択状態にしておきます。
    (複数選択可)
    タグ情報を全てバックアップしたい時は、何も選択しなくてOK です。
  4. 左下にある 「Export」 ボタンをクリック。
  5. すると、タグ情報がテキスト形式で表示されます。
    あとは、これをコピーしてテキストエディタに貼り付けておけばOK※4
    ※4 新規ファイルとして保存する場合、ファイルの拡張子は 「.json」 にしておく。


  6. データのインポート (復元)
  7. バックアップしておいた情報を復元させる時は、下記のような操作を行います。
  8. まず、画面左下にある Tiger というタブをクリックします。
  9. タグの一覧が表示されたら、上部の 「Import」 ボタンをクリック。
  10. テキスト入力フォームが表示されます。

    テキスト入力フォーム

    ここに保存しておいたテキストを貼り付けて、左下の 「Import」 ボタンをクリックすれば
    復元完了。
    現在のタグ情報をまっさらにしてから復元を行いたい場合は、「Import」 ボタンの上にある
    「Clear the database before importing.」 にチェックを入れておいてください。



Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。