スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 Media Player Classic - Homecinema のアップデート支援ソフト 「MPC-Updater」

今日は、Media Player Classic - Homecinema のアップデート支援ソフト を紹介しようと思います。

入手できる最新のバージョンと、現在のバージョンが表示されている
MPC-Updater


「MPC-Updater」 は、「Media Player Classic - Homecinema」 のアップデート支援ツールです。
実行するだけで、「Media Player Classic - Homecinema」 を最新版にアップデートしてくれるという
「Media Player Classic - Homecinema」 アップデーターで、ワンクリックするだけで全ての操作を
行ってくれるところが最大の特徴。

Windows の起動時に、アップデートを自動で行うようにすることもできたりするので、アップデートを
シームレスに行うことも可能となっています。

ちなみに、最新版のチェックは、 SourceForge.net のものを参照することで行われます。
そのため、普段 XhmikosRXvidVideo.RU で配布されているものを使っている場合、逆に
ダウングレードになることもあるので注意が必要です。

加えて、「Media Player Classic - Homecinema」 を 「C:¥Program Files¥」 内にインストール している場合?、言語パックのフォルダが一つ下の階層にできてしまうバグがあるようです※1
(多分、すぐに修正されるはず...)
※1 フォルダが 「C:¥Program Files¥Media Player Classic - Home Cinema¥Lang¥Lang」 内に
できてしまう。
上記フォルダ内に入っているファイルを、一つ上の 「Lang」 フォルダ内に上書きしてやる必要が
出てくる。
私は、インストーラーなしのMPC を 「D:¥download¥media¥MPC-HC」 というパスで使っているが,
この場合 「Lang」 フォルダのバグは発生しなかった。

使い方は以下のとおり。

  1. 「MPC-Updater.exe」 を、「mpc-hc.exe」 の存在するフォルダ内に移動させます。
    「MPC-Updater.exe」 を、「mpc-hc.exe」 の存在するフォルダ内に移動させる


  2. 「MPC-Updater.exe」 をダブルクリック。
    使用しているOS がVista / 7 の場合で、「Media Player Classic - Homecinema」 を
    「C:\Program Files\」 内にインストールしている場合、右クリック → 「管理者として実行」
    を選択して下さい。
  3. 自動的に、最新版のチェックが行われます。
    と同時に、「MPC-Updater」 本体のアップデートチェックも行われます。
    「MPC-Updater」 のバージョンチェックが完了すると、タスクトレイ上に下記のような画像が
    表示されるので、バージョンアップを行うのであれば 「Update」 というリンクをクリックします.
    現在のバージョン ( 「Your version」 ) の方が新しければ、「Cancel」 をクリックします。
    「MPC-Updater」 本体のアップデートチェック


  4. 「Media Player Classic - Homecinema」 のバージョンチェックが終了すると、

    • New version - 最新版のバージョン番号
    • Your version - 現在使っているMPC-HC のバージョン番号

    が表示されます。
    MPC-Updater

    これを見て、アップデートを行うのであれば アップデート ボタンをクリックします。


  5. 「Media Player Classic - Homecinema」 のアップデートが実行されます。
    しばらく待ち、「MPC-HC has been updated!」 と表示されたらアップデート完了です。
    尚、前述の通り 「Media Player Classic - Homecinema」 を 「C:\Program Files\」 内に
    インストールしている場合、次のような操作も必要になります。

    1. 「C:\Program Files\Media Player Classic - Home Cinema\Lang\Lang」 内の
      全ファイルをコピーします。
    2. それを、「C:\Program Files\Media Player Classic - Home Cinema\Lang」 内に
      貼り付けます。

その他、メニューバー上の 「Options」 から 「Check on startup (silent) 」 にチェックを入れておく
ことで、Windows 起動時に自動アップデートを行えるようにもなります。
(アップデートは自動で行われるので、メイン画面は表示されない)



Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。