スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 Windows 8 を買ったら入れたいフリーソフトまとめ

Windows 8 の発売も間近... ということで、今日はWindows 8 で使ったら便利そうなフリーソフト を
まとめてみました。
(私はまだタブレット環境にないので、全てデスクトップアプリケーションになります)

Windows 8.1 向けはこちら


Windows 8


中には、Windows Vista / 7 で使えるものもあるので、それらのOS を使用している人も
参考にしてみてください。

尚、ここで紹介するソフトは、全て Windows 8 Pro ( 32bit ) で試したものになります。
64 bit 版では、正常に動作しない可能性もあるので注意して下さい。

Windows 8 関連の記事
Windows Vista / 7 / 8 で、これまで使っていたソフトが正常に動作しない!
Windows 8 上で、起動できないソフトがある!


Skip Metro Suite

Windows 8 の “ スタート画面 / チャームバー / ホットコーナー ” を無効化してくれるソフトです。
スタート画面が鬱陶しい... という人や※1、ホットコーナーが誤動作して困る... という人におすすめ。
※1 「Skip Metro Suite」 でスタート画面を無効化しても、スタート画面は一瞬だけ表示される。
(下記に紹介する 「Classic Shell」 で無効化した場合も同様)
スタート画面を一秒も表示させたくない場合は、 「Bypass Metro UI」 というソフトを使うとよい。
ただし、アクティベーション済みのパソコン上で 「Bypass Metro UI」 を使うと、アクティベーションが
無効になってしまい、再アクティベーションが必要になる ので注意。
それでも 「Bypass Metro UI」 を使いたい場合は、「Install」 ボタンを押してパソコンを再起動させる.
(元に戻す時は、「Uninstall」 ボタンを押してパソコンを再起動させる)



Ribbon Disabler

Windows 8 の “ リボンインターフェース ” を無効化してくれるソフトです。
Windows 8 では、エクスプローラがリボンインターフェースになっています。
これを無効化し、エクスプローラをWindows Vista / 7 のようにしてくれます。



Classic Shell

スタートボタンを復活させるソフトです。
スタートボタンを復活させるだけではなく、エクスプローラの機能も拡張してくれます。

スタートボタンのスキンは、 deviantART などのサイトで見つけてくるとよいでしょう。
( ↑ のスクリーンショットで使用しているスタートボタンは、 「Windows 8 logo Start Orb」 )

一応、スキンの変更方法も書いておきます。
  1. スタートボタン上で右クリック → 「設定」 を選択。
  2. 「Start Button」 タブを開き、「Button Look」 欄で 「Custom Button」 を選択します。
  3. 続いて 「Button Image」 欄をクリック → 右側に ... ボタンが表示されるので、
    これをクリック。
  4. 「ファイルを開く」 ダイアログが表示されます。
    あとは、ダウンロードしたスキン (BMP / PNG ファイル) を選択すればOK。
(このソフトは、Windows Vista / 7 でも使えます)



Shut Down Windows dialog

“ クラシックスタイルなシャットダウンダイアログ ” を表示するだけのソフト (スクリプト) です。
ランチャーなどに登録しておくと、便利に使えると思います。
(このソフトは、Windows Vista / 7 でも使えます)



Elevated Shortcut

アプリケーションを、UAC の警告なしで特権起動できるようにするソフトです。
UAC プロンプトが煩わしい場合に。
(このソフトは、Windows Vista / 7 でも使えます)



Win8Off

スタート画面やデスクトップ 上に、シャットダウンアイコンを追加してくれるソフトです。
シャットダウンさせるのに、いちいち チャーム を表示させる手間が省けます。



ModernApp Link

モダンアプリのショートカットを、デスクトップ上に作成できるようにするソフトです。
PC 設定」 「すべてのアプリ」 「スタート画面」 「チャームバー」 「(チャームバーの) 設定画面」...
等々、システム機能へのショートカットを作成することもできるため、モダンアプリを使っていない
人にもおすすめです。



Pin to 8

スタート画面&タスクバー 上に、あらゆるアイテムをピン止めできるようにするソフトです。
“ ファイル名を指定して実行 ” “ コントロールパネル ” などのアイテムも、ピン留めさせられるように
なります。
スタート画面を、ランチャー風に使いたい人におすすめ。



Windows 8 Start Screen Customizer

Windows 8 のスタート画面カスタマイズツールです。
スタート画面の背景画像をはじめ、スタート画面の透明度、スタート画面上に並べるタイルの列数、
タイルの透明度 を、自由にカスタマイズできるようにしてくれます。
スタート画面の背景を、スライドショー化させることもできたりします。



Win+X Menu Editor

Windows 8 の “ 「Win」 + 「X」 ” メニュー の内容を、カスタマイズできるようにするソフトです。
ネイティブなランチャーとして使えるようになると思います。

以上になります。
ほとんどのツールが WinAero のものでしたね。
WinAero には、Windows 7 / 8 系のソフトが充実しています。
興味のある人はチェックしてみて下さい。

ちなみに、Windows 7 カスタマイズツールの中には、Windows 8 でも使えるものも多いです。



Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。