スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 複数の動画ファイルを、一括してリサイズしてくれるソフト 「Batch Video Resizer」

今日は、ドラッグ&ドロップで放り込んだ動画ファイルを、一括してリサイズしてくれるソフト を紹介しようと思います。



インターフェースは超シンプルで、操作も簡単
複数の動画を一括してリサイズすることができる


「Batch Video Resizer」 は、複数の動画を一括してリサイズしてくれるソフトです。
ドラッグ&ドロップで放り込んだ動画ファイルを、指定した 横 x 縦 サイズにリサイズしてくれる...
というリサイズ専門の動画編集ソフトで、非常にシンプルかつ手軽に使えるところが最大の特徴。

インターフェースは一画面型となっていて、基本的にリサイズ後のフレームサイズを指定するだけで
使えるようになっています※1
※1 一応、アスペクト比(縦横比)の維持ON / OFF 機能も付いている。

ちなみに、処理された動画は、元のフォーマットと同じ形式で出力されるようになっています※2
(エンコードが行われるので、ロスレスではない)
※2 ただし、コーデックはファイルの拡張子ごとに自動で決定される模様。
AVI / MP4 / WMV ならMPEG-4 Visual、MKV ならH.264、FLV ならSorenson Spark、WebM なら
VP8、RM ならRealVideo 2... といった具合。

フレームレートも元の動画と同じになるようですが、ビットレートは自動で決定されるようです。
(元の動画と同程度になることも多い)

動画をリサイズしたいけれど、コーデックとかビットレートとかの設定がいまいち分からない...
という人におすすめです。


 その他の動画関連ソフト
 動画変換ソフト
 動画編集ソフト

使い方は以下の通り。

  1. 「BatchVideoResizer.exe」を実行します。

  2. メイン画面が表示されます。
    複数の動画を一括してリサイズすることができる

    ここに、リサイズしたい動画ファイルをドラッグ&ドロップで追加します。
    ファイルを間違えて追加してしまった時は、リスト上で該当のファイルを選択 → 画面右側の
    Remove ボタンをクリックします。
    (リスト上のファイルをクリアする場合は、 Clear ボタンを押す)

  3. 画面左下の「Frame Size」欄で、出力する動画の 横 x 縦 ピクセルを指定します※3
    リサイズ後のサイズ等を設定する

    ※3 サイズを入力した後にリスト上の動画を選択すると、入力した数値が変わってしまうので
    注意。
    (フォーム上の数値が、選択された動画の 横 x 縦 サイズに変わってしまう)

    映像のアスペクト比(縦横比)を維持したい場合は、「Proportion」にもチェックを
    入れておきます。

    尚、アスペクト比の異なるサイズにリサイズする時などで、映像を引き伸ばしたり縮ませたり
    したくない場合は、「Add padding to fit customize frame size」にもチェックを入れておきます。
    (映像フレームに黒ベタを追加することで、画像が伸縮しないようにしてくれる)

  4. 設定が済んだら、画面下部の「Resize」ボタンをクリック。

  5. 「フォルダの参照」ダイアログが表示されるので、ファイルの出力先フォルダを指定します。

  6. リスト上のファイルごとに、エンコード設定の内容がポップアップ表示されます。
    エンコード設定の内容が、ポップアップ表示される

    これをクリック。
    (処理する動画の数だけ表示されるので、結構面倒...)

  7. 動画のリサイズ処理が開始されるので、少し待ちます。

  8. しばらく待ち、「Process is finished!」というダイアログが表示されたら処理完了です。
    処理完了!



Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。