スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 あらゆるWeb ページ上で、動画や音楽を視聴できるようにするFirefox アドオン「Fake Vedio AD」

今日は、あらゆるWeb ページ上で、動画や音楽を視聴できるようにする Firefox アドオン を紹介しようと思います。



ウェブページ内に、動画プレイヤーを埋め込めるようになる
ウェブページ内に、動画プレイヤーを埋め込めるようになる

埋め込んだプレイヤー上で、任意の動画(音声)を再生することができる
埋め込んだプレイヤー上で、任意の動画を再生することができる


「Fake Vedio AD」 は、Web ページ内で動画を視聴できるようにするFirefox アドオンです。
Web ページ内の指定した部分に動画プレイヤーを埋め込み、そこで手持ちの動画ファイル※1
普通に再生できるようにしてくれます。
※1 対応フォーマットは、MP4 / WebM / OGG 形式の動画ファイルと、WAVE / OGG / M4A /
MP4 / MP3 形式の音声ファイル。
  HTML5 の audio 要素と video 要素でサポートされているメディアフォーマット

プレイヤーは、任意の id 属性( = id 名)のある部分に埋め込むことができ、横幅 / 高さ を自由に
指定できるようになっています。
(フルスクリーン再生も可能)
また、ワンクリックで除去することも可能となっています。

普段、“ メディアプレイヤーを使わずに、こっそりと動画を見たい... ” と考えていたりする人に
おすすめです。

尚、埋め込まれた動画プレイヤー上では、

  • 再生
  • 一時停止
  • 再生速度調整
  • シークバーによる場面移動
  • 音量調整
といった操作を行うことができます。


 その他のアドオン
 Firefox アドオン

使い方は以下の通り。

  1. Fake Vedio AD」 をインストールします。
    (再起動は不要)

  2. ウェブページ上で右クリックし、「ページのソースの表示」を選択します。

    ウェブページ上で右クリックし、「ページのソースの表示」を選択

  3. ウェブページのソースが表示されます。
    プレイヤーは、任意の id 属性がある部分に埋め込むことができるので、id 属性の検索を行い、
    埋め込み先とする id 属性の名前を決めます。
    ( div id="container" div id="wrapper" など)
    id 名を検索する時は、ホットキー “ 「Ctrl」+「F」 ” を押して検索ボックスを呼び出し、

      id="

    と入力 → 「Enter」キーを押していくとよいでしょう。


  4. 埋め込み先の id 属性を決めたら、その id 名をコピーします※2
    ※2 id="○○" の○○ の部分が id 名。
    たとえば、 div id="container" がある部分にプレイヤーを埋め込みたい時は、id 名
    container をコピーする。


  5. ツールバー上に追加された ADD VIDEO ボタンをクリック。
  6. 「Video Width?」というダイアログが表示されるので、埋め込む動画プレイヤーの横幅を
    指定します。
    (単位はピクセル)
    埋め込む動画プレイヤーの横幅を指定する

  7. 続いて「Video Height?」というダイアログが表示されるので、埋め込む動画プレイヤーの
    高さを指定します。
    埋め込み先のid 名を入力する

  8. 最後に「Locate tag ID?」というダイアログが表示されるので、埋め込み先の id 名を
    ペーストします。
    埋め込む動画プレイヤーの高さを指定する

  9. すると、指定した id 名の部分に、動画プレイヤーが表示されます。
    ウェブページ内に、動画プレイヤーを埋め込めるようになる

    このプレイヤーの下部にある「参照」ボタンをクリックし、再生するファイルを選択します※3.
    ※3 AVI / FLV などのファイルも読み込めますが、実際に再生できるのは MP4 / WebM /
    OGG 形式の動画ファイルと、WAVE / OGG / M4A / MP4 / MP3 のようです。


    音声ファイルを選択する時は、ダイアログ右下のプルダウンメニューをクリックし、ファイルの
    種類を

      すべてのファイル (*.*)

    にしておくとよいでしょう。
    すべてのファイル (*.*) を選択

  10. 動画の再生が開始されます。
    埋め込んだプレイヤー上で、任意の動画を再生することができる

    動画プレイヤーの上にマウスカーソルを乗せると、再生コントロールが表示されます。
    大体わかると思いますが、それぞれのボタンは次のような意味になっています。

    • 再生 / 一時停止  - 再生 / 一時停止
    • シークバー  - シークバー
    • ボリュームコントロール  - ボリュームコントロール
    • フルスクリーン再生  - フルスクリーン再生


  11. 他の動画を再生させる時は、プレイヤー下部のチェックボックスをON にし、「参照」ボタンを
    クリックして目的の動画ファイルを選択します。
    埋め込んだプレイヤーを除去する時は、プレイヤーの上部にある [HIDE] というリンクを
    クリックします。
    (単純に、ページを更新するだけでもよい)
    [HIDE]をクリックする



Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。