スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 Gmail で「…」となって短縮される部分が、短縮されないようにするFirefox アドオン「Trimless for Google Mail」

今日は、Gmail 上で 短縮されたコンテンツを表示する となって短縮される部分を、短縮されないようにする Firefox アドオン を紹介しようと思います。
Chrome 拡張機能 もあります)



標準では、 短縮されたコンテンツを表示する というアイコンで省略される部分が、省略されないようになる
(実際には、メール読み込み時に自動で展開されている)

標準では「…」というアイコンで省略される部分が、省略されないようになる


機能のON / OFF は、アドレスバー上のアイコンから切り替えることができる
機能のON / OFF は、アドレスバー上のアイコンから切り替えることができる


短縮部分の色やインデントサイズは、自由にカスタマイズすることができる
短縮部分の色やインデントサイズは、自由にカスタマイズすることができる


「Trimless for Google Mail」は、Gmail 上で本文が短縮されないようにするFirefox アドオンです。
デフォルトでは、 短縮されたコンテンツを表示する というアイコンで短縮されてしまう部分が、短縮されることなく普通に
表示されるようにしてくれる... というGmail 拡張機能です。

引用文、署名 などを含めた本文がすべて表示されるようになるため、メールの内容を把握しやすく
なります。

普段、“ 大事な部分が短縮されていて、何のメールなのかよく思い出せない ” などと感じることが
多い人におすすめです。

ちなみに、機能のON / OFF は、アドレスバー上から簡単に切り替えられるようになっています。
(しかも、変更内容はページのリフレッシュなしに反映される)
加えて、

  • 短縮されていた部分の色
  • 短縮されていた部分のインデント幅
は、自由にカスタマイズできたりします。
(デフォルトでは、色 = グレー、インデント幅 = 32 )

 その他のアドオン
 Firefox アドオン

使い方は以下の通り。

  1. Trimless for Google MailTM」 をインストールします。
    (再起動は不要)

  2. これで準備完了です。
    以後、Gmail 上で、引用文や署名が短縮されないようになっています。

    標準では「…」というアイコンで省略される部分が、省略されないようになる

  3. 機能をOFF にしたい時は、アドレスバーの右端にある Trimless is enabled アイコンをクリックします。
    (この設定は、即座に反映されます)

    機能のON / OFF は、アドレスバー上のアイコンから切り替えることができる


    設定変更
  1. アドオンマネージャーを開きます。
  2. 「Trimless for Google MailTM」の欄内にある「設定」ボタンをクリック。
  3. 設定画面が表示されます。

    短縮部分の色やインデントサイズは、自由にカスタマイズすることができる

    ここで、各種オプションを変更します。
    変更できるオプションには、次のようなものがあります。

    • Change untrimmed text's color
      展開された短縮コンテンツの色を、変更する(しない場合、色は紫になる)
    • The Color
      変更先の色
    • Indent untrimmed text to the right
      展開された短縮コンテンツを、右に字下げする
    • The size of indentation in pixels
      字下げするサイズ(単位はピクセル)
    • Restore options to their original defaults
      設定内容を、デフォルトに戻す



Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。