スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 GIMP に、400 種類以上のフィルタを追加してくれるプラグイン「G'MIC plug-in for GIMP」

今日は、GIMP に大量のフィルタを追加してくれるプラグイン を紹介しようと思います。


大量のフィルタを使えるようになる
大量のフィルタを使えるようになる


「G'MIC plug-in for GIMP」は、GIMP に大量のフィルタを追加してくれるプラグインです。
複製&整列、スケッチ、ロモグラフィー、水、波紋、雨滴、ウオーターマーク付加、スムース、
シャープ、ドロップシャドウ、ステンドグラス、ポラロイド... 等々、400 種類以上のフィルタを
使えるようにするプラグインで、画像を数クリックで効果的に加工できるようにしてくれます※1
※1 効果一覧は、このページの下部 で確認することができる。

設定画面やフィルタの名前は英語ですが、フィルタ適用後の内容をプレビュー画面で確認しながら
操作を行うことができるため、大体の感覚で使うことができると思います。

普段、GIMP を利用している人におすすめです。

ちなみに、ブラウザ上で動作する オンラインバージョン もあります。


 GIMP の機能を大幅に拡張してくれるツールパック (拡張機能集)
 GIMP Extensions

 GIMP の機能を拡張してくれるツールセット
 GPS (gimp paint studio)

使い方は以下の通り。

    インストール時の注意
  1. ポータブル版のGIMP を使用している場合は、インストール先を

      ~\GIMPPortable\Data\.gimp\plug-ins

    にしておいて下さい。

    実際に使う
  1. GIMP を起動し、何らかの画像を読み込みます。

  2. メニューバー上の「フィルター」から「G'MIC」を選択します。
    メニューバー上の「フィルター」から「G'MIC」を選択

  3. 「G'MIC」の設定画面が表示されます。
    大量のフィルタを使えるようになる

    まず、画面左下の「Input / Output」欄で、フィルタを適用方法などを設定します。

    ここでは、

    • Input layers - フィルタを適用するレイヤー

      • None - なし
      • Active - アクティブなレイヤーに適用する
      • All - すべてのレイヤーに適用する
      • Active & below - アクティブなレイヤーと、一つ下のレイヤーに適用する
      • Active & above - アクティブなレイヤーと、一つ上のレイヤーに適用する
      • All visibles - 可視状態のレイヤーすべてに適用する
      • All invisibles - 不可視状態のレイヤーすべてに適用する

    • Output mode - フィルタを適用した画像の出力方法

      • In place - 現在のレイヤーに上書きする
      • New layer - 新しいレイヤーに出力する
      • New active layers - アクティブな新規レイヤーとして出力する
      • New image - 新しい画像として出力する

    • Output messages - メッセージの出力方法

      • Quiet - 出力しない
      • Verbose (console) - 詳細情報をコンソールに書き出す
      • Verbose (logfile)※2 - 詳細情報をログファイルに書き出す
      • Very Verbose (console) - 非常に詳細な情報をコンソールに書き出す
      • Very Verbose (logfile)※2 - 非常に詳細な詳細情報をログファイルに書き出す
      • Debug mode (console) - デバッグ情報をコンソールに書き出す
      • Debug mode (logfile)※2 - デバッグ情報をログファイルに書き出す

    • Preview mode※3 - プレビューモード

      • 1st output - 1枚目のレイヤーに適用した状態でプレビュー
      • 2nd output - 2枚目のレイヤーに適用した状態でプレビュー
      • 3rd output - 3枚目のレイヤーに適用した状態でプレビュー
      • 4th output - 4枚目のレイヤーに適用した状態でプレビュー
      • 1st -> 2nd - 1枚目 ~ 2 枚目のレイヤーに適用した状態でプレビュー
      • 1st -> 3rd - 1枚目 ~ 3 枚目のレイヤーに適用した状態でプレビュー
      • 1st -> 4th - 1枚目 ~ 4 枚目のレイヤーに適用した状態でプレビュー
      • All outputs - すべてのレイヤーに適用した状態でプレビュー

    • Preview size - プレビューサイズ

      • Tiny - 極小
      • Small - 小さい
      • Normal - 普通
      • Large - 大きい

    の設定を行うことができます。
    ※2 一時フォルダ内に、「gmic_log」という名前で出力される。
    (ポータブル版では、%Temp%\GIMPPortableTemp 内に出力される)

    ※3 「Input layers」欄で選択されていないレイヤーは、プレビュー対象であってもプレビューされない。
    (フィルタを適用するレイヤーとして指定されていないと、プレビューできない)

  4. 画面中央の「Available filters」欄にあるフィルタの中から、任意のものを選択します。

  5. すると、画面右側にフィルタのパラメータ設定パネルが表示され、左上にはフィルタ適用後の
    プレビュー画面が表示されます。
    このプレビューを見ながら、パラメータを調整していきます。

  6. フィルタのパラメータを調整し終えたら、右下の「適用」ボタンをクリックします。

  7. 別のフィルタをかけたい場合は、同様にしてフィルタを選択 → パラメータの調整を行います。
    これ以上フィルタをかけない場合は、そのまま「OK」ボタンをクリックします。



Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。