スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 Gmail 上で、受信メールに付いていた “ 開封通知 ” 機能を無効化できるようにするGoogle Chrome 拡張機能「PixelBlock」

今日は、Gmail 上で “ 開封通知※1 ” 機能を無効化できるようにする Google Chrome 拡張機能 を紹介しようと思います。
※1 メールが読まれたことを、送信者に通知する既読追跡機能。



メールに開封通知要求が付いていると、送信者名のところに赤い目のマークが
表示されるようになる。

開封通知要求を検出すると、送信者名のところに赤い目のマークが表示される


赤い目のマークをクリックすると、送信の際に使用されたメールサービスの情報を
確認することができる。
(サービスを判別できない場合もある)

赤い目のマークをクリックすると、送信の際に使用したメールサービスの情報を確認することができる


「PixelBlock」は、メールの “ 開封通知要求 ” をブロックできるようにするGmail 拡張機能です。

一部のメールソフト / メールサービス には、

  • 送信したメールを、相手が開いてくれたか(読んでくれたか)どうか
を追跡する “ 開封通知機能 ” が付いています。

メールを送信する側の人にとっては、大事なメールが読まれたかどうかを確認する手段等として
役に立つものではありますが、受信する側の人にとっては、この開封通知要求がプレッシャーに
なることもあります。
(メールを読んだら、すぐに返さないといけないような気になったり...)

こういった “ 既読追跡機能 ” を、無効化できるようにするのが「PixelBlock」です。
インストールするだけで、受信メールに付いていた既読追跡機能を無効化できるようにしてくれます。

普段、“ このメール、開いたかどうかバレているのかな... ” と思ったりすることがある人におすすめです。


 その他の Google Chrome 拡張機能
 Google Chrome 拡張機能

使い方は以下の通り。

  1. PixelBlock」 をインストールします。

  2. これで準備完了です。
    以後、Gmail で受信したメールに開封通知要求が付いていた場合でも、開封通知は行われなくなります。

    ちなみに、開封通知要求が付いていたメールには、送信者名の部分に赤い目のマークが表示されるようになります。
    開封通知要求を検出すると、送信者名のところに赤い目のマークが表示される


    この赤い目のマークをクリックすると、送信の際に使用されたメールサービスなどを確認することができます。
    (サービスを判別できなかった場合は、「Unknown」と表示される)
    赤い目のマークをクリックすると、送信の際に使用したメールサービスの情報を確認することができる

  3. 尚、開封通知要求が付いていたのに、赤い目のマークが表示されないケースもあるようです。
    (その場合でも、開封通知はブロックされている)



Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。