スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「MEDIA-CONVERT」で、MIDI ファイルをMP3 / WAVE / WMA / AAC 等に変換

今日は、

というオンラインサービスを使い、MIDI ファイルをMP3 / WAVE / WMA / AAC / FLAC 等に
変換する方法を紹介しようと思います。

MEDIA-CONVERT

「MEDIA-CONVERT」は、多形式に対応したファイル変換サービスです。
任意の音声 / 動画 / 画像 / テキスト / オフィスドキュメント / アーカイブ.. などを、簡単な操作で他の様々な フォーマットに変換することができます。
非常に多くのフォーマットに対応しているところが最大の特徴で、一般的なファイルであれば
基本的に何でも変換することができると思います。

という訳で、ここではMIDI ファイルを一般的な音声ファイルに変換する手順を紹介します。
(MIDI ファイルをまともに変換できるソフトが少ないので...)
出力先のフォーマットは、MP3 / OGG / WAVE / FLAC / AAC / MP4 / M4A / MPC / 3GP /
AMR / WMA / MMF 等の中から選ぶことができるようになっています。

使い方は以下の通り。

  1. まず、左上の「ファイル」欄にある「参照」ボタンをクリックし、変換したいファイルを
    指定します。


    • ファイル拡張子が重複しています。正しい入力形式を選んでください。
    という警告が2 回ほど表示されますが、無視して「OK」をクリック。
    ファイル拡張子が重複しています。正しい入力形式を選んでください。


  2. 次に、下の「出力ファイル形式」欄で、出力先のフォーマットを選択します。


  3. 必要であれば、出力するファイルの音質等を設定することもできます。
    たとえば、MP3 の場合、
    • MP3 encoding - エンコ設定※1
    • 音量
    • ID3 タグ
    などを設定することができます。
    (そのままでもOK)
    ※1 個人的には、「Variable Bitrate」の「256」あたりがおすすめ。
    出力ファイルの音質を設定


  4. 「出力ファイル形式」欄の一番の右にある「OK」ボタンをクリック。


  5. ファイルの変換が実行されます。
    もし、「もう一度やり直してください。」というテキストが表示されたら、再度「OK」ボタンを
    押します。


  6. しばらく待ち、「変換終了」という画面が表示されたら変換完了です。
    変換されたファイルのリンクが表示されるので、それをクリックして好きな場所に保存します。
    ファイルを保存します。



Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。