スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 カバーフロー風なインターフェースのYouTube ブラウザ「Sprink」

今日は、カバーフロー(Cover Flow)風なインターフェースを持つYouTube ブラウザ

を紹介しようと思います。

Sprink

リスト表示もできる
Sprink 2

「Sprink」は、カバーフローっぽい感じのYouTube ブラウザです。
YouTube の動画を検索&再生することができる一種のメディアプレイヤーで、検索結果の
サムネイルをパラパラとめくるようにして動かせるところが大きな特徴。
機能的にはごくシンプルな感じで、基本的にできることは
  • 動画の検索
  • 検索結果の表示方法指定(リスト or カバーフロー風)
  • 見つかった動画の再生
くらいしかありませんが※1、その分簡単&気軽に使うことができます。
※1 検索結果には動画のタイトルしか表示されず、動画を再生回数ごとに並べ替えたりする
ことはできません。

まだプレビューリリースということもあってか?、実用性はあまり高くありませんが、ほんの少し
だけ次世代的な雰囲気を味わうことができます。

尚、このソフトを利用するには、 「Adobe Flash Player」、 「.NET Framework 3.5 SP1」 を
インストールしている必要があります。
(対応OS はVista SP1 / Windows 7)

使い方は以下の通り。

  1. まず、「Data」フォルダ内にある「Sprink.exe」を実行します。
  2. 「Sprink」が起動します。
  3. 画面上部の検索フォームにキーワードを入力し、「Enter」キーを押します。
    Search ボタンを押してもOK)
  4. 検索結果がリスト表示されます。
    この中から任意の動画をダブルクリックしてもOK ですが、せっかくなのでここでは
    ツールバー上にある 3D View ボタンをクリックします。
  5. すると、検索結果の動画がカバーフロー風に表示されます。
    あとは、マウスホイールを回転させてサムネイルをパラパラとめくり、再生したいものを
    ダブルクリックすればOK。
    (画面下部のシークバーや矢印ボタンを使うことでも、動画をめくることはできます)
    動画の再生画面が表示されるので、クリックして動画を再生させます。
  6. 尚、再度ツールバー上の 3D View List View ボタンを押すことで、検索結果の画面に戻ることも
    できます。



Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。