スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ほとんどのフォーマットに対応したシンプルな動画変換ソフト「FFConverter」

今日は、シンプルな動画変換ソフト

を紹介しようと思います。

FFConverter

「FFConverter」は、多形式に対応した動画変換ソフト " FFMPEG " の フロントエンド です。
avi / mp4 / m4v / mkv / dat / mpg (MPEG-1 / MPEG-2)/ flv / m2ts / VOB ... といった動画
ファイルを、簡単な操作でavi / mp4 / mkv / m2ts / wmv / mov / mpg (MPEG-1 / MPEG-2)/
flv / 3gp / 3g2 / dv / rm に変換することができます。
非常にシンプルなインターフェースが特徴的なソフトで、そこそこ設定はできるものの、あまり
難解にならずに使えるようになっています。

変換の際には、映像のコーデック / ビットレート / フレームレート / 解像度、音声のビットレート /
サンプルレート を指定したり、映像をクロップ / デインターレース したりすることができます。
また、映像 or 音声 を無効化する機能も付いています。

そして変換の際には、以下のようなコーデックを使用できるようになっています。
動画
h261 / h263 / h264 / MPEG-1 / MPEG-2 / MPEG-4(DivX) / Xvid / Theora / Flash Video /
WMV7 / WMV8 / Real Video

音声
mp3 / mp2 / wav / aac / ac3 / vorbis / flac / alac / WMA1 / WMA2 / Sonic。

関連リンク
動画変換ソフト・エンコーダー


オーディオ設定
FFConverter 2

その他の設定
FFConverter 3

使い方は以下の通り。

  1. 「FFConverter.exe」を実行します。
  2. 「Input」ボタンをクリックし、変換したい動画ファイルを選択します。
  3. 「Output」ボタンをクリックし、変換したファイルの出力先とするフォルダを指定します。


  4. 映像設定
  5. 画面中段の「Video」タブをクリックします。
  6. Container」欄で、変換先のフォーマットを指定します。
    (映像を無効化したい場合は、そのあと中段の「Disable Video」にチェックを入れる)
  7. Video Codec」欄で、使用するビデオコーデックを選択します※1
    ※1 よく分からない場合は、avi → xvid / mpeg4、mp4 / mkv → h264、wmv →
    wmv8、mpg → mpeg1、flv → Flash Video にしておきます。
    (動画再生の際には、 コーデックコーデック内蔵プレイヤー を使って下さい)
  8. 動画の解像度(動画の横 × 縦サイズ)を変更したい場合は、「Resolution」欄の
    スライダーをドラッグし、適宜サイズを調整しておきます。
  9. 続いて、「Bitrate」欄で映像のビットレートを、「Framerate」欄で映像のフレームレートを
    それぞれ設定しておきます。
  10. 映像にB フレームを使用する場合は、「Use bframes」にチェックを入れ、隣の欄で
    B フレームの最大連続枚数を指定しておきます。
    (よく分からなければそのままでOK)
  11. インターレースを解除したい場合は「Deinterlace Pictures」にチェックを入れておきます。
  12. フレームをクロップ※2 したい場合は、「Crop / Pad」欄でそれぞれの端からどれだけ
    画像を削るのか設定しておきます。
    ※2 画面の上下左右端から、指定したピクセル分だけフレームを削り取る機能のこと。


  13. 音声設定
  14. 次に、「Audio」タブを開きます。
    (音声を無効化したい場合は、下部の「Disable Audio」にチェック)
  15. まず、「Audio Codec」欄で使用するオーディオコーデックを選択します※3
    ※3 よく分からない場合は、avi / flv → mp3、mp4 / mkv → aac、wmv → wma2、
    mpg → mp2 にしておきます。
  16. 隣の「Sampling Frequency」欄で、音声のサンプルレートを設定します。
  17. そして「Audio Bitrate」欄で音声のビットレートを、「Audio Channels」欄で音声の
    チャンネル数を設定しておきます。
  18. もし動画の音声を別のものにしたい場合は、「Load External Audio」欄で入れ替え先の
    音声ファイルを指定します※4
    ※4 映像よりも時間が長いファイルを指定した場合、映像は途中から止まったままに
    なるので注意。

    指定できるフォーマットは、mp3 / mp2 / wav / aac / ac3 / ogg / wma / amr / flac。
  19. 最後に、右下の「Encode」ボタンをクリックすればOK。
    「About My Project GUI」というダイアログが表示されるので「OK」をクリックします。

そのほか、「Options」タブから、処理後の動作を設定したりすることもできるようになっています。



Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。