スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 USB ドライブを忘れずに取り外せるようにしてくれるソフト「USB Stick Watcher」

今日は、USB ドライブの抜き忘れを防げるようにしてくれるソフト

を紹介しようと思います。

USB Stick Watcher

「USB Stick Watcher」は、USB ドライブの抜き忘れ防止ツールです。
  • USB ドライブを挿入した時に、アラート※1 を表示する
  • USB ドライブが接続されている間、特定の時間置きにアラートを表示する
  • USB ドライブの挿入 ~ 取り外し までの間、注意を促すような壁紙を表示しておく
  • USB ドライブの容量が少なくなったら、アラートを表示する
  • USB ドライブを抜かずにOS を終了しようとした時に、アラートを表示する
ことにより、USB ドライブを忘れずに取り外せるようにします。
(それぞれの機能は、ON / OFF を切り替えることができます)
※1 音+バルーンメッセージ。
バルーン内に表示するテキストは、自由にカスタマイズすることができる。
音に関しては、鳴らさないようにすることもできる。

用途はかなり限られてきますが、USB メモリを頻繁に持ち出す人や、出先でiPod を使う人...
などには結構使えるのではないかと思います。

アラートを常に表示するように設定した場合
USB Stick Watcher 1

設定画面
USB Stick Watcher 2

USB Stick Watcher 3

USB Stick Watcher 4

使い方は以下の通りです。

  1. 「usbstickwatcher.exe」を実行します。
  2. 「USB Stick Watcher Registration Reminder」というダイアログが表示されます。
    右下のカウントダウンが終了するまで待ってから「Continue」ボタンをクリック。
  3. そのままの状態でも使えますが、一応事前に各種設定を行っておきます。
    タスクトレイアイコンを右クリックし → 「Settings」を選択。
  4. 設定画面が表示されます。
    まず、「Alerts&Reminders」タブを開きます。
  5. 一番上の「Reminder text」欄に、アラート(バルーン)内に表示するメッセージを入力して
    おきます。
    (日本語もOK)
  6. バルーンを表示する際に音も鳴らしたい場合は,「Custom reminder sound」にチェックを
    入れ、その隣の欄で鳴らす音を設定しておきます※2
    ※2 事前に以下のような作業をしておくことで、プリセット以外の音を鳴らすこともできる.
    「C:\Program Files\USB Stick Watcher」内に任意のWAVE ファイルを入れ、
    それを「Notify1 ~ 5.wav」にリネームしておく。
    (元の「Notify1 ~ 5.wav」は、あらかじめ適当な名前にリネームしておく)

    音を鳴らしたくない場合は、「Disable reminder sound」にチェックを入れておきます。
  7. 左下の「Advanced alerts」欄で、アラートを表示するタイミングを設定します。
    タイミングは、
    • After connecting a pen drive - USB ドライブが挿入された時
    • Logoff/Shutdown alert - ログオフ / シャットダウン しようとした時※3
    • Low free space (<10%) - USB ドライブの空き領域が少なくなった時
    の中から選べるようになっています。
    ※3 USB ドライブが接続されたまま...の場合。
  8. 加えて、特定の時間置きにアラートを表示させることもできたりします。
    その場合は、右下の「Reminder timeout」欄でアラートの表示間隔を設定しておきます。
    「Permanent reminder」にすると、画面右端にアラートが表示されたままになります※4.
    ※3 アラート内の Hide for 5 min をクリックすると、5 分間だけアラートを隠すことができる。
    「Disabled」にすると、この機能は無効化されます。
  9. USBドライブの挿入~取り外し までの間、注意を促すような壁紙を表示させておくことが
    できます。
    その場合は「Fullscreen reminder」タブを開き、「Enable full-screen reminder ~」に
    チェックを入れておきます※5
    ※5 「C:\Program Files\USB Stick Watcher」内に任意のBMP ファイルを入れ、
    さらにそれを「alert.bmp」にリネームしておくことで、表示する画像を変更することも
    できる。
    (あらかじめ、元の「alert.bmp」は適当な名前にリネームしておく)。
  10. そのほか、「System」タブを開き、「usbstickwatcher.exe」をスタートアップに登録※6
    したり、パスワードを設定※7 しておいたりしておきます。
    ※6 「Start with Windows」にチェックを入れる。
    ※7 パスワードを設定すると、「USB Stick Watcher」を操作する際にパスワードが
    必要になる。
  11. 設定が終わったら、左下の「Apply」ボタンをクリック。
  12. USB ドライブの監視が開始されます。

ちなみに、タスクトレイアイコンを右クリック → USB ドライブのドライブレターを選択 →
「Safety remove」を選択することで、“ ハードウェアの安全な取り外し ” を行うこともできたり
します。



Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。