スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 BAT ファイルをEXE ファイルに変換してくれるソフト「Batch To Exe Converter」

今日は、バッチファイルをEXE に変換してくれるソフト

を紹介しようと思います。

Bat To Exe Converter


「Batch To Exe Converter」は、バッチファイルをEXE にコンパイルしてくれるソフトです。
任意のコマンドが書かれたBAT ファイルを、EXE 形式のアプリケーションファイルに一発変換
してくれます。
BAT をわざわざEXE にする必要はあまりないような気もしますが、一応

  • コマンドプロントを表示させずにコマンドを実行する機能
  • ファイルをパスワードで暗号化する機能
  • ファイルにデコンパイル※1 機能を付加する機能
  • ファイル内に任意のファイルを格納する機能
  • ファイルにアイコンを付加する機能
  • ファイルにバージョン、説明、コピーライト... 等の情報を付加する機能
などが付いているので、そこそこ優位性はあると思います。
※1 EXE をBAT に戻す機能。

ファイルを格納
Bat To Exe Converter2

アイコンやファイル情報を付加
Bat To Exe Converter3

使い方は以下の通り。

  1. 「Bat_To_Exe_Converter.exe」を実行します。
  2. 一番上の「Batch file」欄で、処理対象とするBAT ファイルを指定します。
  3. すぐ下の「Save as」欄で、変換されたEXE ファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を
    指定します。


  4. Options タブ
  5. EXE ファイル実行時には、通常のBAT ファイルと同じようにコマンドプロントが
    表示されます。
    もしこれが嫌な場合は、「Visibility」欄の「Invisible application」にチェックを入れて
    おきます。
  6. 必要に応じて、ファイルをパスワードで暗号化することもできます。
    ファイルを暗号化して出力したい場合は、「Encryption」欄の「Encrypt the program」に
    チェック → その下の欄に、パスワードを入力しておきます※2
    ※2 こうしておくと、作成したファイルを実行する際に、パスワード入力ダイアログが表示
    されるようになる。
  7. また、作成された実行ファイルには、デコンパイル機能を付けることもできたりします。
    ファイルにデコンパイル機能を付ける場合は、「Miscellaneous」欄の「Add decompiler
    にチェック → 下の「Parameter」欄で、デコンパイルするためのパラーメータを適当に
    指定しておきます※3
    ※3 ここで指定したパラメータを付けて作成されたEXE ファイルを実行すると、ファイルを
    任意のフォルダ内にデコンパイルすることができる... という仕組み。
  8. その他、「Add Vista administrator manifest」にチェックを入れておくと、Vista 環境で
    実行した際にUAC の昇格確認プロントが表示されるようになります。


  9. Include タブ
  10. 作成するEXE ファイルには、任意のファイルを格納することもできます※4
    ※4 ここで格納されたファイルは、作成されたEXE を実行した際に一時的に
    (同じディレクトリ内に)展開される。
    ただし、展開されるのはあくまでも “ 一時的に ” なので、取り出したい時には
    デコンパイル操作が必要になる。

    ファイルになんらかのファイルを格納しておきたい場合は、「Include」タブを開き、左下の
    「Add」ボタンをクリック → 格納したいファイルを選択しておきます。


  11. Versioninformations タブ
  12. 作成するファイルには、アイコン、バージョン、ベンダー名 などの情報を付加することが
    できます。
    これらの情報を付加する場合は、「Versioninformations」タブを開き、
    Include versioninformations」にチェック → 各種情報を入力しておきます※5
    (アイコンを格納するだけなら、「Icon file」欄で格納するアイコンを指定するだけでOK)
    ※5 入力できる情報には、以下のようなものがある。
    • File Version - ファイルバージョン
    • Product Version - 製品バージョン
    • Company - 会社名
    • Productname - 製品名
    • Description - ファイルの説明
    • Copyright - 著作権
    これらの情報は、EXE ファイルの「プロパティ」画面の「詳細」タブに表示される。
  13. 設定が終わったら、左下の「Compile」ボタンを押せばOK。
    ファイルのコンパイル作業が開始されます。



Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。