スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 Windows 7 を使っていて気になったところ

今日は、Windows 7 を使っていて気になったことを、ぼんやりと書いていこうと思います。
(長いので、2 ページに分かれています)

n

その1 - Windows Mail のインポート方法が分からない
その2 - タスクボタンが大きくて画面が狭い
その3 - 「お気に入り」リンクのカスタマイズ方法が分からない
その4 - 「ファイルを開く」ダイアログ上に、カラムがない
その5 - 「AeroSnap」を無効化したい

その1 - Windows Mail のインポート方法が分からない

Windows 7 から、Windows Mail がなくなったそうです。
その代わりとして、 「Windows Live Mail」 を使うのが一般的な流れなんだそうです。
早速その「Windows Live Mail」を使ってみたところ、どこからメールやアドレス帳をインポート
するのかが全く分からなくて困ってしまいました。
しかし、ググッたらすぐにあったのでここに一応紹介しておきます。
Windows メールや Outlook Express のデータを Windows Live メールに移行する方法
    メールのインポート
  1. 初回起動時のみ、「電子メールアカウントを追加して下さい」という画面が表示されます。
    ここでアカウントを作成してもOK ですが、今回その辺のことについては省きます。
    (アカウントは後からでも作れます)
    適当に設定を行い、「次へ」ボタンをクリック。
  2. 「アカウントのセットアップに必要な情報の入力が完了しました。」という画面が表示されるので、 「完了」ボタンをクリックします。
  3. メイン画面が表示されます。
    ツールバー上の メニュー(Alt + M) ボタンをクリックし、「メニューバーの表示」を選択します。

    メニューバーの表示

  4. メニューバーが表示されるので、「ファイル」 → 「インポート」 → 「メッセージ」を選択

    「ファイル」 → 「インポート」 → 「メッセージ」

  5. 「インポート元の電子メールの形式を選択してください」という画面が表示されます。
    ここで、インポート元のアプリケーションを選択 → 「次へ」を選択します。
    インポート元のアプリケーションは、
    • Microsoft Outlook Express 6
    • Windows Live メール
    • Windows メール
    の中から選べるようになっています。

    プログラムの選択

  6. 次に、「メッセージの場所」という画面が表示されます。
    ここで、メールをバックアップしておいたフォルダを指定します。

    メッセージの場所

  7. 「フォルダーの選択」という画面が表示されます。
    ここで、復元するフォルダを指定すると、インポートが開始されます。
    すべてのフォルダを対象にできるのはもちろん、指定したフォルダだけを復元するように
    設定することもできます。

    フォルダーの選択



  8. アドレス帳のインポート
  9. 左下ペインにある「アドレス帳」をクリック。

    アドレス帳

  10. 「Windows Live Contacts」という画面が表示されます。
    メニューバーの「ファイル」 → 「インポート」から、バックアップしているアドレス帳の
    フォーマットを選択します。

    「ファイル」 → 「インポート」

  11. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、バックアップしておいたアドレス帳を選択
    すればOK。

Windows 7 を使っていて気になったところ その2



Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。