スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 パソコンがアイドル状態になった時に、デスクトップ上のアイコンを隠す「DeskDuster」

今日は、パソコンがアイドル状態になった時に、デスクトップ上のアイコンを自動で非表示にしてくれる ソフト

を紹介しようと思います。
(上のリンク先ページで、スクリーンショットをクリック)

DeskDuster

「DeskDuster」は、パソコンがアイドル状態になった時に、デスクトップアイコンを全て非表示に
してくれるソフトです。
パソコン上でマウス / キー操作 が、あらかじめ指定しておいた時間だけ行われなかった時に、
デスクトップ上に表示されているアイコンを一時的に非表示にしてくれます。
(再びマウス / キー操作 を感知すると、隠れていたアイコンは元に戻ります)
普段デスクトップ上にアイコンを表示させているけれど、たまに壁紙をきちんと見たくなることも
ある... という人におすすめ。

使い方は以下の通り。

  1. 「deskduster.exe」を実行します。
  2. タスクトレイ上に「DeskDuster」のアイコンが表示されるので、これをダブルクリック。
  3. 「DeskDuster」のメインウインドウが表示されます。
    これの右端にあるスライダーをドラッグし、
    • パソコン上で何分間操作が行われなかったら、デスクトップ上のアイコンを
      非表示にするか
    ということを設定します。
    非表示にするまでの時間は、1 ~ 20 分の間で指定できるようになっています。
  4. 非表示までの時間を設定したら、「DeskDuster」を最小化させておきます。
  5. これで、パソコン操作が指定した時間だけ行われなくなった時に、デスクトップ上の
    アイコンが非表示になります。
    (再度マウスやキー操作が行われると、アイコンが表示されます)



Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。