スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 Google Chrome 上の全タブを、一時的に隠してくれる拡張機能「PanicButton」

今日は、 Google Chrome 上で開いている全てのタブを、一時的に隠してくれる拡張機能

を紹介しようと思います。

PanicButton

「PanicButton」 は、Google Chrome 上で使えるボス来たツールです。
ツールバー上に追加されるボタンをクリック、もしくは 「Esc」 キーを押すことにより、Chrome 上の
全タブを一時的に閉じれるようにします。
(実際に閉じられるので、動画再生時の音も消える)
最大の特徴は、閉じたタブを後から一発で復元できるところ。
これにより、たとえば “ Google Chrome 起動時に、「前回開いていたページを復元する」 ”
ように設定していない場合でも、気兼ねなくタブを閉じることができるのです。
また、この復元処理には、パスワードをかけることもできたりします※1
※1 閉じたタブを、勝手に復元されないようにする... ということ。
さらに、全てのタブを閉じた後、あらかじめ設定しておいたページを自動で開くようにすることも
できるので、中々ハイクオリティな隠蔽処理を実現できるのではないかと思います。

  その他おすすめのGoogle Chrome 拡張機能

使い方は以下のとおりです。

    設定
    (設定なしでも使えます)
  1. ツールバー上の ボタンを右クリックし、「オプション」 を選択。
  2. 設定画面が表示されます。
    ここで、各種設定を行っておきます。
    設定可能なオプションには、下記のようなものがあります。
    • Keyboard shortcut ?
      タブを 「Esc」 キーでも閉じれるようにしたい場合は 「yes」
    • Password protection ?
      タブの復元にパスワードをかけたい場合は 「yes」
      (続いて、下のフォームにパスワードを入力 → 右の 「save」 ボタンを押す)
    • Set a safe page:
      タブを閉じた後に開きたいページがある場合は、ここにそのURL を入力 → 右の
      「save」 ボタンを押す。
    PanicButton 設定

    設定をデフォルトに戻したくなったら、「reset options」 ボタンをクリックします。
    実際に使う
  1. まず、通常通りブラウジングします。
  2. タブを隠さねばならない場面がきたら、ツールバー上の ボタンをクリックします。
  3. すると、今まで開いていたタブが全て閉じられます。
    新たなページを開くように設定していた場合は、続いてそのページが表示されます。
  4. 危機が去ったら、再度ツールバー上の ボタンを押します。
    (このボタンに表示されている数字は、隠蔽されているタブの数)
  5. これで、「PanicButton」 によって閉じられていたタブが、元通りに復元されます。
    復元にパスワードを設定しておいた場合、パスワードを入力 → 「OK」 ボタンをクリック
    します。



Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。