スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「Windows (Live) ムービー メーカー」 用の動画出力プロファイルを、自作する

今日は、

で使える “ 動画出力プロファイル ” の作成方法を紹介します。

Windows Media プロファイル エディタ

「Windows ムービー メーカー」 では、動画保存時にいくつかのプロファイルを選択できるように
なっています。
しかし、人によっては

  • 選択肢が少なすぎる
と感じることもあるかと思います。

そんな時は、「Windows Media プロファイル エディタ」 というソフトを使い※1、自分専用の
プロファイルを作成&追加 してしまうとよいでしょう。
※1 「プロファイル エディタ」 は、 「Windows Media エンコーダ」 に同梱されている。
( 「WMProEdt.exe」 )


プロファイルの内容はそこそこ細かく設定することができ、たとえば以下のようなオプションを
指定できるようになっています。
  • エンコード方式 ( CBR / VBR )
  • コーデック
  • 解像度 (フレームの幅 × 高さ)
  • フレームレート
  • キーフレームの間隔
  • ビットレート (あるいは品質レベル)
もちろん、プロファイルは複数作成することができます。

使い方は以下のとおり。

  1. Windows Media エンコーダ」 をダウンロードし、インストールします。
  2. 「WMProEdt.exe」 を実行します。
    ( 「C:¥Program Files¥Windows Media Components¥Encoder」 内にある)


  3. プロファイルの名前 / 説明 を設定
  4. 画面上部の 「名前」 欄に、これから作成するプロファイルの名前を入力します。
  5. 下の 「説明」 欄に、作成するプロファイルの概略も入力しておきます。

    プロファイルの名前、説明を入力します


  6. 音声&映像 の品質設定
  7. 中段の 「メディアの種類」 欄にある 「オーディオ」 「ビデオ」 にチェックを入れます。
  8. 「オーディオ」 「ビデオ」 欄の 「モード」 欄で、それぞれのエンコード方式を 設定します。
    エンコード方式の意味は、下記のようになっています。

    • CBR - 映像&音声 のビットレートを、決め打ちしてエンコード
    • 品質ベース VBR - 動画の “ 品質レベル ” を指定してエンコード

    エンコード方式を選択する

    出力動画のファイルサイズを、ある程度指定したい場合は 「CBR」 を選択します。
    ファイルサイズにこだわりがない場合は 「品質ベース VBR」 を選択するとよいでしょう。

    実際には、

    • ビットレート VBR
    • ビットレート VBR (ピーク)

    というエンコード方式を選択することもできますが、「Windows ムービー メーカー」 は
    これらのエンコード方式をサポートしていないようです。
    ( 「Windows Live ムービー メーカー」 でも、正しくエンコードされない模様)


  9. 続いて 「コーデック」 欄で、音声 / 映像 を圧縮する際に使用するコーデックを選択します。
    コーデックを指定します

    通常、新しいコーデックほど、新しいエンコード設定を行えるようになっています。
    (ビデオコーデックは、特別設定できるオプションに変わりはないが...)
    ちなみに、使用している OS が XP 、音声のエンコード方式が 「品質ベース VBR」 の
    場合、

    • Windows Media Audio 9.1 Professional

    を選択しない方が良いようです。
    (オーディオコーデックがこれだと、ムービーメーカー上でプロファイルが表示されない)
    また、Vista のムービーメーカーでも、音声に

    • Windows Media Audio 10 Professional

    を指定しない方が良いようです。


  10. 画面中段の右側にある 「追加」 ボタンをクリック。


  11. エンコ方式が 「品質ベース VBR」 以外の場合、「ビットレートの追加」 というダイアログが 表示されます。
    ここで、動画 (映像 + 音声) 1 秒あたりに割り当てるビットレートを入力します※2
    ( 4Kbps ~ 20Mbps の間で指定する)
    ※2 “ ここで指定したビットレート × 60 ” が、動画一分あたりのファイルサイズになる。
    (もちろん、目安ではあるが)

    ビットレートを指定します

  12. 上のスクリーンショットにもあるように、キロは K で、メガは M で省略可能です。

  13. 自動的に、新しいタブが開きます。
    ここで、

    • オーディオ形式 - オーディオ品質
    • ビデオサイズ (横 × 縦)※3
    • フレームレート
    • ビデオ ビットレート

    を設定します。
    ※3 「ビデオ入力と同じ」 にチェックを入れると、ムービーメーカー上でこのプロファイルを
    使えなくなるので注意。

    音声 / 映像 の設定を行う

    「ビデオの滑らかさ」 ※4 は、50 、もしくはそのままでよいでしょう。
    ※4 フレームレートと画質のバランス設定。
    0 にすると、画質よりもフレームレートを優先し、100 にすると、フレームレートよりも画質を
    優先する。
    個人的には、中間の 50 で良いと思います。


    エンコード方式に 「品質ベース VBR」 を選択した場合は、ビットレートではなく

    • ビデオ品質

    を 0 ~ 100 の間で設定します。
    (数値が高いほど、高品質&大容量 になる)
    「品質ベース VBR」 を選択した場合

    キーフレームの間隔はそのままでもOK ですが、動きの激しい動画を変換する際は
    数値を少なく設定してみてもよいでしょう。
    (すると、映像がより高品質になる※5
    ※5 その分、ファイルサイズは大きくなるので注意。
    動きの少ない動画を変換する際は、キーフレームの間隔を多少大きくしてみてもよい。


  14. プロファイルの保存
  15. 画面下部にある 「保存して終了」 ボタンをクリックし、今作成したプロファイルを適当な
    名前で保存します。
    (拡張子は prx )
  16. 保存したプロファイルを、下記フォルダ内にコピーします。
    ▼ 使用ソフトが 「Windows ムービーメーカー」 の場合 ▼

    • C:¥Program Files¥Movie Maker¥Shared¥Profiles※6

    ▼ 使用ソフトが 「Windows Live ムービーメーカー」 の場合 ▼

    • C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Local¥Microsoft¥Windows Live¥Video Profiles

    ※6 OS がVista の場合、「Profiles」 フォルダは自分で作成する。


  17. 作成したプロファイルでエンコード
  18. ムービーメーカーでファイルを出力する際に、作成したプロファイルを選択すればOK です.
    OS が XP の場合は、「ムービーの保存ウィザード」 の 「ムービー設定」 画面で、
    「詳細選択肢の表示」 をクリック → 「その他の設定」 を選択し、目的のプロファイルを
    選択すればOK。
    「その他の設定」 を選択し、目的のプロファイルを選択

    OS が Vista の場合は、「ムービーの発行」 の 「ムービーの設定を選択する」 画面で、
    「追加の設定」 から 目的のプロファイルを選択します。
    「追加の設定」 から 目的のプロファイルを選択します

    Windows Live ムービーメーカー の場合は、「ムービーの保存」 から目的のプロファイルを
    選択するだけでOK です。
    「ムービーの保存」 から目的のプロファイルを選択



Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。