スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 Google ドキュメント / Dropbox / Box.net 内のファイルを管理できるソフト 「Joukuu Lite」

今日は、Google ドキュメント / Dropbox / Box.net 内のファイルを、デスクトップ上で管理できる
ようにするソフト を紹介しようと思います。

Joukuu Lite

「Joukuu Lite」 は、Google ドキュメント / Dropbox / Box.net 内のファイル管理ツールです。
各種サービス上のファイルを、デスクトップから直接管理できるようにするソフトで、全ての
サービスを一つの画面内で一括管理できるところが最大の特徴。

各サービス上のファイルは、一覧表示したり、種類 / サービス ごとに絞込み表示したり、
関連付けソフトで開いたりできるようになっています。
(加えて、不要なファイルを削除することもできる)
また、ドラッグ&ドロップ or エクスプローラの右クリックメニュー から、ファイルを各種サービスへと
直接送れるようにもなったりします。

管理機能自体はシンプルなものですが、ファイルを右クリックメニューからクラウドへ送れるように
なるのは結構便利です※1
※1 ただし、名前に日本語を含むファイル / フォルダ の扱いがやや不安定なので注意。
(特に Dropbox。Google ドキュメントや Box.net は調子良い時もあるが...)
既にクラウド上にある日本語ファイル等に関しては問題ないが、「Joukuu Lite」 上で日本語名の
フォルダを作成したり、日本語名のファイルをアップロードしたりすると、結構面倒なことになる。
( 「Joukuu Lite」 上でしか認識されないフォルダ / ファイル が生成されることになる)
そのため、普段日本語名を含むファイルを使用している人には、あまり向いていないかも...


ファイルは、種類ごとにフィルタリングすることもできる。
下記図は、ファイルを 「Images」 (画像) でフィルタした例
ファイルは、種類ごとにフィルタリングすることもできる。

新規フォルダを作成することもできる
(が、「Joukuu Lite」 にはフォルダの削除機能がない)
新規フォルダを作成することもできる

ファイルを、右クリックメニューからバックアップできるようにもなる
ファイルを、右クリックメニューからバックアップできるようにもなる

使い方は以下の通り。
このソフトを利用するには、 「SQL Server Compact 3.5 SP2」 「.NET Framework 3.5 以上」 の
インストールが必要になります。
( 「SQL Server Compact 3.5 SP2」 は、日本語版ではなく上記英語版でないとダメな模様...)

    ダウンロード
  1. ダウンロード先のページ でメールアドレスを入力し、「Download」 ボタンをクリック。
  2. 「ダウンロードリンクを送信しました」 というような画面が表示されるので、メールチェックを
    行ってみます。
  3. 「Joukuu Lite Beta download link」 というタイトルのメールが届いているので、それを
    開きます。
  4. メール本文の中段に、

    • www.joukuu.com/result.aspx?res=2&email=あなたのメールアドレス

    というリンクがあります。
    これをクリック。
  5. すると、ファイルのダウンロードが開始されます。

    実際に使う
  1. 「Joukuu Lite Beta.exe」 を実行します。


  2. アカウントの登録
  3. 画面上部の 「+」 をクリックし、「Joukuu Lite」 上で管理できるようにしたいサービスを
    選択します。
  4. 「Add or Update Storage Account」 という画面が表示されるので、選択サービスの

    • Username - ユーザー名
    • Password - パスワード

    を入力して 「Done」 ボタンをクリック。
  5. 「Account added successfully」 というダイアログが表示されたら登録完了。
    その後、選択サービス上にあるファイルの取得が開始されます。
  6. 「Joukuu Lite」 上で利用できるようにしたいサービスが他にもある場合、同じようにして
    アカウントの設定を行っておきます。
    登録したアカウントを削除する時は、画面右上にある 「settings」 というリンクをクリック →
    削除したいアカウントを選択し、下部の 「Remove Accont」 ボタンをクリックすればOK※2
    ※2 その後削除確認ダイアログが表示されるので、「はい」 を選択する。

    クラウド上にあるファイルの管理
  1. 画面左上にある二段のメニューを使うことで、表示するファイルをフィルタできるように
    なっています。
    (上段がサービスフィルタで、下段がファイルタイプフィルタ)
    具体的には、下記のような感じです。

    • all accounts - すべてのアカウント内のファイル
    • google docs - Google ドキュメント内のファイル
    • box.net - Box.net 内のファイル
    • dropbox - Dropbox 内のファイル


    • all files - すべてのファイル
    • documents - 文書系ファイル
    • music - 音楽系ファイル
    • images - 画像系ファイル
    • videos - 動画系ファイル
    • others - その他のファイル

  2. メイン画面上に表示されたファイルは、ダブルクリックすることで開くことができます※3
    ※3 ファイルは、関連付けプログラムで表示される。
    また、各ファイル名の右下にある 「delete」 というリンクをクリックすることで、ファイルの
    削除を行うこともできたりします※4
    ※4 その後確認ダイアログが表示されるので、「はい」 を選択する。
    複数のファイルをまとめて削除したい時は、目的とするファイルにチェック → 画面右上に
    ある 「delete」 というリンクをクリックする。

    加えて、ファイルは

    • FILE NAME - ファイル名
    • FOLDER - 格納フォルダ
    • CATEGORY - ファイルタイプ
    • DATE - 日付

    といった情報ごとにソートできるようにもなっています。
  3. 各ストレージ内には、フォルダを作成することもできます。
    フォルダを作成する場合は、次のような操作を行います。
    (フォルダの削除は、各種サービスサイト上で行って下さい)

    1. まず、フォルダ生成先のサービスを選択します。
    2. 画面左上にある 「all files」 というメニューをクリック。
    3. 画面左下にある Add Folder ボタンをクリック。
    4. 画面左の 「FOLDERS」 欄にテキスト入力フォームが表示されるので、そこに
      新規フォルダの名前を入力※5 して + ボタンをクリック。
      ※5 フォルダ名に日本語を含めると、そのフォルダが 「Joukuu Lite」 上でしか
      認識されなくなることがあるので注意。
      (しかも 「Joukuu Lite」 上では、フォルダの削除を行うことができない...)

      尚、この操作内容がストレージ上で反映されるまでに、いくらか時間がかかることも
      あります。
      Dropbox / Box.net は割りと速めですが、Google ドキュメント では、反映までに
      1 時間くらい?かかることもあるようです。

    ローカルのファイルを、クラウドへバックアップ - ドラッグ&ドロップ編
  1. 「Joukuu Lite」 側で、バックアップ (アップロード) 先のサービス&フォルダ を開きます。
    ちなみに、選択フォルダ内に余白部分※6 がないと、ファイルをドラッグ&ドロップで
    アップロードできないようです。
    ※6 “ 空き領域 ” のことではなく、“ ファイルが表示されていない空白部分 ” のこと。
    (フォルダ背景のこと)
    フォルダ内に空白がない場合は、新規フォルダを作成しておくとよい。
  2. あとは、フォルダ内の余白部分へ、ファイルをドラッグ&ドロップすればOK です※7
    ※7 日本語を含むファイルの扱いが不安定なので、日本語名のファイルはアップロード
    しないようにして下さい。
    (日本語名のファイルは、「Joukuu Lite」 上でしか認識されないケースが多い)
    もしアップロードしてしまったら、そのまま削除することをおすすめします。

    ローカルのファイルを、クラウドへバックアップ - 右クリックメニュー編
  1. 「Joukuu Lite」 をインストールすると、ファイルの右クリックメニューに
    Backup to という項目が追加されます。
    この項目から、選択中のファイルをクラウドへと送れるようになっています。
  2. バックアップしたいファイルを右クリックし※7Backup to を選択。
  3. 登録しておいたサービスがリスト表示されるので、送り先のサービスを選択します。
  4. これでバックアップ完了です。
    少し待つと、選択していたファイルがクラウドへと送られています。



Appendix

最近の番外ソフト

月別ソフト

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。